0120-86-62620120-86-6262
電話受付時間 平日10時~20時、土日9時~18時
0120-86-62620120-86-6262
電話受付時間 平日10時~20時、土日9時~18時

オスグッド症状の改善

他の治療院で効果がなかった方でも大丈夫

東葉コンディショニングには、

「成長痛で膝が痛い」

「整形外科でオスグッドと言われたが一向に膝の痛みがよくならない」

「運動をすると膝の下が痛い」

という方が来院され、症状改善へと至っている方が大勢いらっしゃいます。

 

ではなぜ、病院の治療ではなく東葉コンディショニングの整体法「QPR法 (クイック・ペイン・リリース法」を受けて多くのオスグッドの方が改善するのか?

東葉コンディショニングのオスグッド施術

東葉コンディショニングのオスグッドに対する考え方と、施術方法の一部をご紹介します。

人間の身体バランスは、ダルマ落としゲームのように、どこかが右にずれると、どこかが左にずれ、どこかが前に出ると、どこかが後ろに出て、倒れないよう にバランスを保っています。

 

身体は下から、足、膝、股関節、骨盤、脊椎、胸郭、頭とつながっていますが、一部が歪んでいると、他の部位を歪ませなければバランスを取ることはできません。

 

オスグッドシュラッター病は、成長期に起こりやすい膝の痛みで、10歳~15歳の男子に多く見られる症状です。

骨の成長に筋肉の成長が追いつかない時期に、サッカーや、バスケットボール、陸上競技、野球などの激しいスポーツを行うと、腿の前側の筋肉(大腿四頭筋)が過度に緊張してしまいます。その緊張により、大腿四頭筋の付着部である、膝のお皿の下(脛骨粗面)から軟骨が剥離(はくり)することで起こる症状です。

軸足に起きることが多いこの症状は、成長期の子供が全員なる訳ではありません。

腿の筋肉が付着している骨盤にズレがあると、膝蓋骨が引っ張られる力が強まり、症状が起こりやすくなるのです。

そのため整体施術では、まず使いすぎで固くなってしまった膝周りや大腿部などの筋肉の緊張をとります。

次に、膝のお皿を引っ張ってしまっている骨盤を正しい位置に調整します。

さらに、脛骨(すねの骨)が捻じれると牽引力が増すので、膝から下の部分も膝のお皿と同じ位置に調整します。

最後に膝が正しく動くようにし、剥離して傷んでいる場合は、組織の回復を促す手法をかけます。

こうして、身体がバランスの良い本来の位置に戻り、膝周辺の関節や筋肉への過度な負担が減ると、血液やリンパの流れが改善され自然治癒力が高まるのです。 

 

◆◆病院の治療や他の治療院の施術とは異なる、東葉コンディショニングの徹底したオスグッド施術のポイント◆◆

東葉コンディショニングでは、独自の整体理論に基づき、カラダ全体のゆがみや筋肉、関節の状態を見極め施術をしていきます。

  • 生理弯曲の形成、骨盤、腰椎の動き改善
  • カラダ全体のバランス調整
  • 骨盤調整
  • 下肢アライメント調整

などで、オスグッドを起こす原因を解消し、症状回復に導いていきます。

それでは、東葉コンディショニングで行っている、オスグッドによる痛みを根本的に解消するための整体施術方法の一例をご紹介します。

 

 

整体施術方法の一例をご紹介

脊柱の生理湾曲の正常化

脊柱の生理弯曲の正常化

台に上半身の半分程度が乗るように、四つん這いの姿勢になってもらい施術します。四つん這いの姿勢をとることで、背骨や骨盤に掛かる負荷が緩和され、腰部周りの調整や生理弯曲の形成が行いやすくなります。
同時に、足首を回転させると、下肢や腰背部の筋肉の緊張が緩和され、背骨のS字カーブが正常な状態に戻っていきます。S字カーブが正常になれば、体幹が安定し腰部などへの過度な負荷が解消されます。

骨盤調整シムス位

うつぶせになり膝を曲げ、両手を広げて胸を床につけます。顔はアゴをつけ、まっすぐか膝を曲げている方向に曲げた状態で寝てもらいます。この状態で骨盤をゆっくり揺らすように動かすことで、歪んでしまった骨盤の位置を整えていきます。逆方向も同じように調整していく事で、骨盤全体のバランスを整えます。

臀筋ハムストリングス弛緩法

 

骨盤をゆがませる原因になる臀筋とハムストリングスをゆるめます。骨盤の安定化と股関節、膝関節の可動改善、下肢の疲労回復を図ります。

下肢アライメント調整

横向き寝の状態で施術をし、脚のねじれを改善させていきます。

下肢アライメントとは、股関節、ひざ、足首、足までの配列のことです。カラダの土台になる下肢がゆがむと、歩行時や立位時に重心バランスをうまく安定させることができなくなります。

下肢アライメントを整えることで、その上部にある骨盤、胸郭、背骨などが安定し、カラダ全体のバランスを向上させます。

以上のことから、膝への過剰な負担を減らし、症状を改善させるために、下肢アライメント調整は非常に重要になります。

足部調整

うつぶせで足部の調整を行い、内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチの3つを形成します。足部に正しいアーチを作ることで身体を支える安定力、衝撃吸収力、運動能力を機能させることが出来るようになります。

膝関節調整

あおむけで膝関節を動かしながら調整します。正しい軌道で関節を曲げ伸ばしすることで、膝関節周辺の筋肉弛緩、膝関節のストレッチ、膝蓋骨の可動改善を図ります。

 

オスグッドを改善させるポイントは4つ!!

  1. 全身の緊張した筋肉の固さを、ゆらゆらと揺らす優しい刺激で芯から筋肉の緊張を弛める。
  2. カラダの歪みやねじれを解消し、全身のバランスを整えることで 骨盤を正常な位置に整え、膝のお皿を引っ張る牽引力を弱める。
  3. 下肢アライメントを調整することで、膝のお皿と膝下の骨のねじれを解消する。
  4. 本来の膝の動きを思い出せるために、膝の正しい動き方を誘導しながら調整する。

上記ステップを施術の中で行います。また、同時に早期回復、再発防止のために日頃の姿勢改善、正しいカラダの使い方を覚えるなどの、生活習慣を変えていくことも大切になります。

 

電話問い合わせ

 

 

オスグッドの症例

オスグッドだけど最後の大会で最高の成績を

10代男性 佐倉市 Tくん

剣道部に所属する中学3年生のT君は、最後の夏の試合を目前に、膝の痛みに悩まされていました。

1ヶ月前から部活後に膝に痛みが出るようになったため、アイシングをしていたのですが、1週間前からは練習中に痛むようになってしまったのです。

膝のお皿の下が出っ張り、腫れていたので整形外科に行くと、「オスグッドシュラッター病」と診断され、部活の練習を中止するように言われました。

ここまで、3年間部活に打ち込んできたので、あきらめきれなかったTくんは、自分でネットで調べ母親に頼み込んで、東葉コンディショニングに来院しました。

Tくんの身体は、とても中学生の身体とは思えないほど筋肉が固く緊張し、よく今まで他の痛みが出なかったというくらいの状態でした。

初回は、極度の緊張がとけたことで施術の途中で眠ってしまったのですが、体が突然ビクン!と震えてしまう「ジャーキング」という現象を起すほどの疲労度合いでした。

2回、3回と施術を重ねることでようやく、全身の筋肉の緊張が解けて膝の痛みも軽減していきました。

しかし、試合まで残り3週間。あせっていたTくんは、多少良くなったことで部活に出てしまったのです。

当然、痛みが強くなり、少し動くようになっていたことで更に余計な負荷がかかり、今まで感じたことのない痛みが出てしまいました。

そこで、「これが最後のチャンスだよ」ということを伝えて、1週間完全に部活を休んでもらい、オスグッドの痛みをとることに専念してもらったのです。

試合の2週間前、剣道場にはTくんが元気に部活に参加する姿がありました。

1週間前には完全に痛みが出なくなり、それどころか身体全身の緊張が解けバランスがとれたことで、今まで以上に軽快に動けるようになったのです。

そして、最後の試合では、これまでで最高の成績をおさめることができました。

高校に行ってからも、剣道を続け、今も月に1回歪みを整えるため通院しています。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

バスケットでレギュラーになりたい

10代 男性 八千代市 Yくん

小学4年生からミニバスケをはじめたYくんは、他の子よりも身体が小さくいつもベンチで試合を応援していました。

6年生になってからもそれは変わらなかったのですが、少しでもうまくなりたいと思い、部活の後も家に帰ってから近くの公園でドリブルをしながら走り回っていました。

ところが、いつものように練習を終えて帰る途中、はじめて左膝の異変に気がつきました。

明らかに左の膝の下の部分が出っ張っていたのです。しかし、突っ張る感じがするだけで、痛みがなかったのでそのまま放っておきました。

ある日の朝、腿がつって目を覚ましました。

そこから、膝の痛みを常に感じるようになっったのです。病院でオスグッドと診断され、レギュラーは愚か、練習に参加することすらできなくなってしまったのです。

そこで、東葉コンディショニングでオスグッドが良くなったという、Yくんのミニバスケの先輩の話を聞いていたお母さんは、すぐさまYくんを連れて来院されました。

全身の筋肉疲労も強かったのですが、何より問題だったのは、左足首の捻挫癖です。過去に何度も捻挫を繰り返していた左の足首は、ほとんど曲がりませんでした。

全身の緊張を弛めながら骨盤を整え、下肢アライメントの調整を行うことで、少しずつ膝と膝から下の部分のズレを戻していきました。

また、当院で販売している、履くだけで足のアーチを作り足首の正しい動きを促してくれる「センターラインインソール」も履いてもらいました。

残念ながら小学生の間はレギュラーになることはできませんでしたが、足首の動きが正常に戻る頃には、オスグットの痛みも落ち着きました。

けれども、来院当初猫背が強かったYくんは、施術を受けることで姿勢がよくなり、中学生になるとみるみる身長が伸びていったのです。

高校生になった今では何と184センチになり、遂に不動のレギュラーとなりました。

こちらで教えたストレッチやエクササイズを行い、一度もケガをすることなく過ごしています。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

整体院東葉コンディショニングの「早く良くなる5つの秘訣」

来院される方の症状を1日も早く解消するために考え抜かれた、「他とは違う東葉コンディショニングの症状改善プログラム5つの特徴」をご紹介します。

1.通常の整体とは全く違う施術をします

当店では通常の整体やマッサージとは違い、ポキポキしたり、揉んだり、押したり、叩いたりはしません。

当院では、ゆらゆら優しい刺激で脳に安心を与え、カラダの芯からゆるめ、血液やリンパ液などの循環を改善していきます。

人間には、600もの筋肉があるといわれ、浅い層の触れる筋肉「表層筋」と触ることができない深い層の「深層筋」があります。

コリや疲労や「表層筋/深層筋」どちらにも築成されていますが、「触れる筋肉」を揉みほぐし続けても、その下にある「深層近」に及ぼす効果が少ないです。

「なかなか疲れやコリがとれない、マッサージを受けてもすぐ戻る」という方は、深層筋に原因がある可能性があります。

当院の施術では、ゆらゆら揺らしながら脳に安心を与え、カラダの芯からゆるめ、血液やリンパ液の流れを改善し筋肉を健康な状態にしていきます。

 

2.痛みの原因を取り除いていく根本療法

「痛いと感じる場所」と「痛みを作り出している場所」は違います。

当院では痛みを作り出している原因を見極め、取り除く根本療法を行います。

マッサージ・湿布・電気療法と違い、痛みの出ている箇所(結果)を取るのではなく、痛みを作り出している原因(根本)を取り除く根本療法です。

姿勢診断システム「ボディコンシェルジュ」はカラダのゆがみやねじれを測定し、立体的にカラダの状態を映し出します。

口頭で「姿勢が悪い」「カラダがゆがんでいる」等と言われても中々ピンときませんが、画像で見ると自分のカラダの状態がよくわかります。

当院では、ボディコンシェルジュを用いて、今のカラダのバランス状態をしっかりと明確にし、慢性的な症状の原因を把握します。

個々の状態に合わせた自己ストレッチ、トレーニング及び日頃の姿勢の改善ポイントをアドバイスしていきます。

 

3.当院独自のストレット等のアドバイス

当院では、整体施術に加え、当院独自のストレッチ等もアドバイスいたします。

当院では、症状を早く改善するために、又、再発予防のために整体だけではなく、正しいカラダの使い方、自己ストレッチ、呼吸法、入浴や睡眠、感情のコントロール方法などトータル的にアドバイスします。

慢性的な症状の原因のほとんどは、その方の生活習慣の中にあります。

整体を受けて一時的に体調が回復しても。悪い習慣を改善していかない限り、症状が再発する可能性は高くなります。

当院では、来院された方々がつらい症状を1日も早く解消し、健康的に楽しく日々生活ができるように願っております。

そのためにトータル的なアドバイスを積極的に行います。

 

 

4.施術は短時間

当院では、短時間の施術で改善効果を出します。

当院の施術時間は1回20〜30分です。

人間の体は扇風機の弱い風でも長時間あたっていると負担になり、だるさなどの疲労が出ます。
カラダにかかる負担を最小限に抑え、出来るだけ短時間で回結果を出すという考え方で施術を行っています。

尚、重症な方や全身に渡って広範囲に症状があり、1回の施術では対応が難しい方、遠方から来院される方には、休憩時間を挟んで1日に2回施術をオススメする場合もあります。

 

5.整体記録ノート

当院では、整体記録ノートをお渡ししています。

来院者さんと施術者が相互にカラダの状態を理解し、症状回復に向け取り組んでいくために、毎回施術内容と症状の変化を記した「整体記録ノート」をお渡ししています。

皆様のつらい症状を1日も早く解消し、健康に楽しく日々生活ができるように症状改善に向け一緒に取り組んでいきましょう。

 

 

オスグッドの豆知識

オスグッドの名前の由来は何?

A. 1903年にボストンの整形外科医のロバート・ベイリー・オスグッドさんと、チューリッヒの外科医カール・シュラッターさんがそれぞれ症例を発表したことで 2人の名前をつなぎあわせ、オスグッド・シュラッター病と呼ばれています。

オスグットで膝下が出っ張ってしまった部分は戻りますか?

A. オスグットで骨が剥離して出っ張ってしまった部分については、施術で戻すことはできません。
痛みが治まったあとでも、出っ張りについてはそのまま残ってしまいます。
人によってはその出っ張った部分が正座をする時に床に当たってしまい、長時間続けることで痛みを感じることもあります。

 

自分でできるオスグッド予防・改善エクササイズ

オスグッドの方に役立つエクササイズを動画でご紹介します。

※必ず痛くない範囲で行ってください。

足組みゆらゆら骨盤調整

<効果>

  • 骨盤の歪み矯正
  • 背骨の歪み矯正
  • 腰痛の緩和
  • 腰部可動域改善

シムス位エクササイズ

<効果>

  • 背骨の土台になる骨盤を整える
  • 首、肩こりの緩和
  • 猫背の矯正

ハムストリングストレッチ

<効果>

  • 足の疲労緩和v
  • 膝、股関節の柔軟性向上

下腿外旋矯正エクササイズ

<効果>

  • 下腿の歪み調整
  • ふくらはぎやすねの疲労回復
  • 足のつり、むくみ予防

 

~注意点~

*痛みのない範囲で!
痛いことはなるべくしない方が、早く症状回復が見込めます。普段から痛い姿勢を取ったり、痛い動作はしないようにしましょう。我慢してやる必要はありません。

*適度な回数で!
たくさんやればやるほど、良くなる訳ではありません。1回やってみて、2回目をするときには30分以上あけて、1日数回に分けてやる方が効果的です。

 

履くだけで体の軸を作るセンターラインインソールのご紹介

症例などの中で出てきた、東葉コンディショニングが独自の
理論で開発したセンターラインインソールのご紹介です。
整体施術を行っても、日々歩かなくてはいけない私達にとっては、
足底にかかる負担も大きく、整体だけでは症状改善までに時間が
かかってしまうことがあります。

そこで東葉コンディショニングでは、日々足のアーチを最も効率よく
正常化させるためのツールとして、2年以上の歳月をかけて
センターラインインソールを開発しました。
このセンターラインインソールは、 整体時の足部調整理論と
同じ発想で設計し、靴の中に入れるインソールによって
足のアーチが崩れるなどの足部の歪みを効率よく改善させ、足の
骨格バランスを最適にし、「安定性」 と「運動性」と「吸収性」を
実現させた商品です。

●センターラインインソールオフィシャルサイト
http://www.top-runner.co.jp/cli-official/

 

症状にお悩みの方は当院にご相談ください

オスグッドに対する東葉コンディショニングの施術の考え方、エクササイズ、症状や原因などについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?
なかなか症状が改善しないと不安が募ります。

一人でお悩みにならずに、施術実績が多い当院にぜひ一度ご相談していただければと思います。

 

施術料金

整体料金
・整体  ¥4,860- (税込)
・初見料 ¥1,080- (税込)
*初見料は、初回もしくは最終施術日から3ヶ月以上経過した場合、頂きます。

 

電話問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加