店舗一覧
電話受付時間 平日10時~20時、土日9時~18時
            店舗一覧 店舗を探す・予約する
電話受付時間 平日10時~20時、土日9時~18時

変形性膝関節症改善の方法

◆ナイツのHIT商品会議室に東葉コンディショニングスタッフが登場し、整体を実施!

他の整体、整骨院(接骨院)で効果がなかった方でも大丈夫

東葉コンディショニングには、

「変形性膝関節症によるツラい膝痛、なんとかしてもう一度痛みなく歩きたい」

「病院で手術を勧められたが、不安で踏み切れない。手術ではない方法を試してみたい」

「何ヶ月も病院に通っているが、あまり効果を感じない。他の方法も試してみたい」

「色々な施術院に行ったがなかなか良くならない、なんとかして欲しい」

「膝が痛くても仕事は休めない」

という方が来院され、症状改善へと至っている方が大勢いらっしゃいます。

その理由とは?

当院は「腰痛解消!神の手」の掲載をはじめ、メディア出演や技術指導講師として多くの方の腰に関するお悩みを改善している整体院です。

年間2万回以上の施術を行い、体の悩みを改善に導いている当院独自の施術技術「QPR法(Quick Pain ReLease)」や当院の施術方針・理論について「腰痛解消!神の手」に取り上げられました。

TV出演

千葉テレビ「ナイツのHIT商品会議室」2021年4月2日放送
整体を実施と枕の紹介

日本テレビ「嵐にしやがれ」2020年7月18日放送
姿勢改善トレーニングと最新のAI機能を用いた姿勢検査を実施

TBSテレビ「健康カプセル!ゲンキの時間」2017年5月21日放送
簡単にできるストレッチを紹介

日本テレビ「スッキリ!!」2015年12月21日放送
「腰痛特集」で当院の姿勢検査システムの撮影や施術が紹介

千葉テレビ「ビジネスフラッシュ」2013年6月1日放送
当院の整体施術やビジネス論について対談

J:COM「ステキ+Life」2013年8月13日放送
「ゴッドハンドに聞く!ダメな姿勢!と良い姿勢!」をご紹介

 

講師として活躍

 

当院代表の加賀谷は全国の先生方に対して、技術指導や健康促進の講師としてセミナーを開催。

 

多くの方に喜ばれている整体院です

 

 

 

看護師
むなかたりささん
薬剤師
徳間希代美さん
柔道整復師
おがさわら整体院
小笠原与則院長
鍼灸師
ウィング整体院
中村徹院長
整体師
からだ回復オフィス
織田茂裕院長
整体師
からだ回復センター湘南
笠井文哉院長
整体師
からだ回復整体町田
千葉一平院長
整体師
よろこび整体院
高崎敏広院長
整体師
静岡からだ回復堂
大畑雅裕院長
整体師
岡崎整体院セルフサポートS
鈴木章生院長
整体師
はぴなすたいる整体院鶴岡
菊池伸院長
整体師
からだ快福クラブ北九州
林一郎院長
格闘家
森本❝狂犬❞義久選手
社会人野球部GM
GOOD JOB
男子・女子硬式野球部GM
瀧優介さん
大学準硬式野球部監督
帝京大学準硬式野球部
浅野 修平監督

 

変形性膝関節症が良くならない理由

 

変形性膝関節症で、八千代市の病院や整骨院、整体、揉みほぐし店など色々なところに行ったけど良くならない、という方も多いと思います。

変形性膝関節症の対処は
・湿布薬
・痛み止め
・ヒアルロン酸注射
・運動療法
・温熱療法(膝を温める)
・リハビリ
などの方法が多いと思います。

もちろんこれらの方法でも、痛みを解消することは望めます。

 

しかし、当院にいらっしゃる変形性膝関節症の方々は、病院で様々な処置をしたり、揉みほぐし店や鍼灸院に通っても、痛みが取れなかったり、良くても一時的にしか痛みが消えないというケースがほとんどです。

 

ではなぜ、そのような方法では、一時的にしか痛みが消えないのでしょうか。

それは、変形してしまった膝ばかりにアプローチしたり、炎症を抑えることしかできていないからです。

 

変形性膝関節症は、膝に大きな負担が掛かった結果、膝の軟骨や骨自体が擦れ合い変形していく症状です。

そのため、痛みが出ている膝ばかりでなく、膝に負担をかけている原因を解消しない限り、痛みを根本的に解消することは難しいのです。

 

変形性膝関節症の症状について

変形性膝関節症とは、膝の中にある半月板という軟骨組織に負担がかかり、膝のバランスが悪くなることなどが原因で、膝を形成する大腿骨や脛骨と擦れ合い、起きる症状です。

また、変形性膝関節症は進行度が大きく分けて3段階に別れています。

 

進行度1

骨と骨の隙間が少し狭くなり、軟骨(半月板)が減り始めている。

動き出すときに痛い・膝に強張りがある・立ち座りで痛い など

 

進行度2

骨と骨の隙間が更に狭くなり、軟骨(半月板)が大きくすり減っている。

正座ができない・階段が辛い・水が溜まる など

 

進行度3

軟骨(半月板)がほとんどなくなり、骨同士が擦れ合っている。

常に痛みがある・歩行困難・膝の曲げ伸ばしができない など

 

といった症状が現れます。

 

ゴッドハンドの変形性膝関節症施術法

当院の変形性膝関節症に対する整体施術では、

・足部の調整
・足関節(足首)の可動域の調整
・下腿(膝下)のねじれの調整
・太ももの筋肉を緩める
・股関節の可動域の調整
・体の土台となる骨盤や背骨の調整

などを行い、膝にかかっている負担を解消するところから行います。

 

その上で、膝のお皿の動きを出しながら、膝の曲げ伸ばし動作を正しく行えるように調整していき、徐々に膝の可動域を広げ、痛みの解消を図っていきます。

 

また、当院ではQPR法(クイック・ペイン・リリース)という独自の整体法で施術を行います。

一般的には、骨をボキボキ矯正したり、押したり揉んだりする指圧のようなやり方が多いですが、このQPR法はゆらゆらと体を揺らしながら、優しい刺激で全身をリラックスさせ、体のバランスを調整していく方法です。

 

変形性膝関節症のように、痛みが強く出ていたり、関節の可動制限がある場合は、押したり揉んだりする刺激の強い施術法では、逆に体に負担をかけてしまう恐れがあります。

その点、当院の施術は体がリラックスした状態で痛みの出ない範囲でおこなうので、症状が重い方でも安心して施術を受けられます。

 

また、変形性膝関節症の原因を解消するには、日頃の悪い生活習慣や体の使い方のクセを正し、適度な運動も重要になります。

そこで当院では、正しい生活習慣や姿勢、自分で出来るストレッチ等のアドバイスにも力を入れ、あなたのツラい症状の根本改善をサポートしていきます。

 

【足部・足関節(足首)の調整】

足部の調整を行い、足部に正しいアーチを作ることで身体を支える安定力、衝撃吸収力、運動能力を機能させることが出来るようになります。

足部の関節や筋肉の動きが悪いと、着地した衝撃を足部で吸収することができずに、膝周りの負荷が大きくなってしまいます。

足元からしっかりと整えて膝にかかる負担を軽減させていきます。

 

【下腿(膝下)のねじれの調整(下肢アライメント調整)】

横向き寝の状態で施術をし、脚のねじれを改善させていきます。

下肢アライメントとは、股関節、ひざ、足首、足までの配列のことです。

カラダの土台になる下肢がゆがむと、歩行時や立位時に重心バランスをうまく安定させることができなくなります。

また下肢アライメントを整えることで、その上部ある骨盤、胸郭、背骨などが安定し、カラダ全体のバランスを向上させます。

 

【太ももの筋肉を緩める】

 

太もも前面の筋肉(大腿四頭筋)と、もも裏の筋肉(ハムストリングス)は、膝関節の曲げ伸ばしをする際、体重を支える重要な役割を担っています。

これらの筋肉が固くなってしまうと、正常な膝関節の動きに制限をかけてしまい、曲げ伸ばしをするとき膝に負担がかかり痛みが生じてしまいます。

そこで優しく足をゆらゆら揺らしながら、太もも周りの筋肉を緩め、膝の曲げ伸ばしをスムーズにしていきます。

 

実際の来院者さんの声

手術はしたくない!変形性膝関節症に悩む60代女性

60代女性 千葉県八千代市 Nさん

 

高校時代はテニス、30代からはゴルフ、 40代からはバレーボールをしてきたというスポーツウーマンのNさん。60代になってグランドゴルフを始めました。

週に4回から5回は練習に通い、月に2回は試合に出場していました。

ある日、練習に向かういつもの道すがら左の膝に痛みを感じました。その時の痛みは一瞬だったので、忘れてしまいました。

それから3カ月ほど経ったときのことです。横断歩道を渡ろうした際に、痛みで左足が前に出せなくなってしまいました。腫れて熱をもっている感じもしたため、整形外科へ行ったところ、お医者さんから膝に水が溜まっていると言われ、合計で10回以上膝の水を抜きました。

膝の水を抜いてもらえば痛みが軽減するため、グランドゴルフを続けていました。1か月経った頃、膝の水を抜いてもらいに整形外科に行きました。その時に撮ったレントゲンで変形性膝関節症と言われました。そのうち水を抜いても痛みが減らなくなり、手術を考えた方がよいと言われるようになりました。

「手術はしたくない!」ずっとスポーツを続けてきて、健康に自信があったNさんは直ぐにそう思ったそうです。それからは真面目にリハビリに通いましたが、なかなか痛みが取れない状態が3カ月続きました。最初に痛みが出てから半年が経過していましたが、よくなるどころか痛みが強くなっていました。もう手術しかないかと諦めていた時に、グランドゴルフ仲間で変形性膝関節症の方から「私も変形性膝関節症で手術を勧められていたけどよくなったわよ。」と聞いて東葉コンディショニングに来院しました。

初回は、それまでの経緯をじっくりとお聞きし、膝をどれくらい曲げられるか、伸ばせるか、歩行の姿勢はどうかという検査を行いました。整体施術はそれまで膝の痛みが原因で前傾になっていた姿勢を正すことに集中しました。姿勢が整った後で歩いてもらうと、変形性膝関節症の方特有の歩行時の横ブレが小さくなりました。

2回目~5回目の整体施術では、足部の調整による着地の足首の角度を正常にし、脚全体で真っ直ぐに体重を支えられるように、下肢アライメントの調整を行いました。同時に股関節調整により可動を向上させ、歩行時に膝だけに集中していた負担を各関節に分散できるように調整しました。すると、施術後30分もすると痛くなっていた膝の痛みが半減しました。 

6回目~10回目には、前傾していた姿勢が起きるようになりました。更に膝関節の上にある、腿の前側の筋肉である大腿四頭筋の緊張を、丁寧に取り除きました。すると全くできなかった正座が7割出来るようになりました。このころにはグランドゴルフの練習の行き帰りでも、痛みが出なくなりました。ショットの際の軽く膝を曲げる姿勢も出来るようになったため、成績まで上がりました。

東葉コンディショニングへの通院後、3カ月で歩く、階段の上り下りの時の痛みは出なくなりました。正座も9割がた出来るようになりました。

変形性膝関節症は、片側に発症すると逆も痛むようになります。痛んでいる間に逆側の膝でカラダを支えるためです。そのため、Nさんは予防も含め定期的な来院を続けており、膝の水が溜まったり、痛みが出るようなことはなくなりました。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

変形性膝関節症の痛みで、大好きな旅行に行けなくなった

70代女性 千葉県佐倉市 Sさん

 

60代の頃に転倒して、右脚を打撲してから右膝の痛みが発生しました。整形外科ではレントゲンを撮られることはなく、歩く姿を見られて、加齢による脚の筋力低下が原因だと言われました。週3回のリハビリと自宅で重りを付けた筋肉トレーニングを頑張りました。3カ月続けましたが、右膝がますます痛くなったので不安になって、整形外科でレントゲンを撮ってもらいました。すると直ぐに変形性膝関節症という言われましたが、70歳を越えていたため手術は勧めないと言われたそうです。

脚を痛めて以来、外出が減り、年に2~3回はしていた旅行にもいかなくなったSさんの姿を見かねて、娘さんが東葉コンディショニングに連れていらっしゃいました。

初回は痛みがとても強かったため、座った状態で足先からゆっくりと動かしながら、やさしく触れていきました。来院時に座っていてもじんじんとした痛みが徐々に和らいでいきました。Sさんはリハビリも筋トレも頑張ってきたため、脚を中心に筋肉に強い緊張がありました。

2回目以降、硬くなった膝関節の可動を徐々に広げていきました。膝関節に余裕が出来ると、ごつごつだった膝が柔らかくなってきました。細身のズボンは膝が引っかかって履けなかったのが、履けるようになりました。関節の変形が治ることはありませんが、脚全体が真っすぐになることで変形が目立たなくなることはよくあります。

Sさんはその後、1カ月間は週に4回通院されました。痛みが出なくなり、歩幅が広がりました。我慢していた旅行も再開し、老後を楽しまれています。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

毎日身体の痛みでお困りの方にも即効で活用できる情報をYoutubeで発信しています。

 

 

八千代院営業案内

東京院営業案内

東京院に今すぐ電話をかける

整体院東葉コンディショニングの「早く良くなる5つの秘訣」

来院される方の症状を1日も早く解消するために考え抜かれた、「他とは違う東葉コンディショニングの症状改善プログラム5つの特徴」をご紹介します。

1.通常の整体とは全く違う施術をします

当店では通常の整体や揉みほぐし店とは違い、ポキポキしたり、揉んだり、押したり、叩いたりはしません。

当院では、ゆらゆら優しい刺激で脳に安心を与え、カラダの芯からゆるめ、血液やリンパ液などの循環を改善していきます。

人間には、600もの筋肉があるといわれ、浅い層の触れる筋肉「表層筋」と触ることができない深い層の「深層筋」があります。

コリや疲労や「表層筋/深層筋」どちらにも築成されていますが、「触れる筋肉」を揉みほぐし続けても、その下にある「深層近」に及ぼす効果が少ないです。

「なかなか疲れやコリがとれない、すぐ元の状態に戻ってしまう」という方は、深層筋に原因がある可能性があります。

当院の施術では、ゆらゆら揺らしながら脳に安心を与え、カラダの芯からゆるめ、血液やリンパ液の流れを改善し筋肉を健康な状態にしていきます。

 

2.痛み・しびれの本当の原因にアプローチして早期改善を目指します

「痛いと感じる場所」と「痛みを作り出している場所」は違います。

揉みほぐし・湿布・電気と違い、痛みの出ている箇所を取るのではなく、当院ではその根本原因である「カラダの歪みやねじれ」を整え早期に根本改善していきます。

AI姿勢分析「シセイカルテ」はカラダのゆがみやねじれを測定し、立体的にカラダの状態を映し出します。

口頭で「姿勢が悪い」「カラダがゆがんでいる」等と言われても中々ピンときませんが、画像で見ると自分のカラダの状態がよくわかります。

当院では、シセイカルテを用いて、今のカラダのバランス状態をしっかりと明確にし、慢性的な症状の原因を把握します。

個々の状態に合わせた自己ストレッチ、トレーニング及び日頃の姿勢の改善ポイントをアドバイスしていきます。

 

3.当院独自のストレッチ等のアドバイス

当院では、整体施術に加え、当院独自のストレッチ等もアドバイスいたします。

当院では、症状を早く改善するために、又、再発予防のために整体だけではなく、正しいカラダの使い方、自己ストレッチ、呼吸法、入浴や睡眠、感情のコントロール方法などトータル的にアドバイスします。

慢性的な症状の原因のほとんどは、その方の生活習慣の中にあります。

整体を受けて一時的に体調が回復しても。悪い習慣を改善していかない限り、症状が再発する可能性は高くなります。

当院では、来院された方々がつらい症状を1日も早く解消し、健康的に楽しく日々生活ができるように願っております。

そのためにトータル的なアドバイスを積極的に行います。

 

4.施術は短時間

当院では、短時間の施術で改善効果を出します。

当院の施術時間は1回20〜30分です。

人間の体は扇風機の弱い風でも長時間あたっていると負担になり、だるさなどの疲労が出ます。 カラダにかかる負担を最小限に抑え、出来るだけ短時間で回結果を出すという考え方で施術を行っています。

尚、重症な方や全身に渡って広範囲に症状があり、1回の施術では対応が難しい方、遠方から来院される方には、休憩時間を挟んで1日に2回施術をオススメする場合もあります。

 

5.整体記録ノート

当院では、整体記録ノートをお渡ししています。

来院者さんと施術者が相互にカラダの状態を理解し、症状回復に向け取り組んでいくために、毎回施術内容と症状の変化を記した「整体記録ノート」をお渡ししています。

皆様のつらい症状を1日も早く解消し、健康に楽しく日々生活ができるように症状改善に向け一緒に取り組んでいきましょう。

 

 

施術料金

整体料金
・整体  ¥4,950- (税込)
・初見料 ¥1,100- (税込)
*初見料は、初回もしくは最終施術日から3ヶ月以上経過した場合、頂きます。

 

八千代院営業案内

東京院営業案内

東京院に今すぐ電話をかける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加