店舗一覧
電話受付時間 平日10時~20時、土日9時~18時
            店舗一覧 店舗を探す・予約する
電話受付時間 平日10時~20時、土日9時~18時

関節リウマチの改善方法

◆ナイツのHIT商品会議室に東葉コンディショニングスタッフが登場し、整体を実施!

他の整体、整骨院(接骨院)で効果がなかった方でも大丈夫

東葉コンディショニングには、

「関節リウマチによる指の痛みで悩んでいる」

「身体のあちこちが痛くて日常生活に支障が出ている」

「リウマチによる痛みを少しでも緩和できれば」

という方が来院され、症状改善へと至っている方が大勢いらっしゃいます。

その理由とは?

当院は「腰痛解消!神の手」の掲載をはじめ、メディア出演や技術指導講師として多くの方の腰に関するお悩みを改善している整体院です。

年間2万回以上の施術を行い、体の悩みを改善に導いている当院独自の施術技術「QPR法(Quick Pain ReLease)」や当院の施術方針・理論について「腰痛解消!神の手」に取り上げられました。

TV出演

千葉テレビ「ナイツのHIT商品会議室」2021年4月2日放送
整体を実施と枕の紹介

日本テレビ「嵐にしやがれ」2020年7月18日放送
姿勢改善トレーニングと最新のAI機能を用いた姿勢検査を実施

TBSテレビ「健康カプセル!ゲンキの時間」2017年5月21日放送
簡単にできるストレッチを紹介

日本テレビ「スッキリ!!」2015年12月21日放送
「腰痛特集」で当院の姿勢検査システムの撮影や施術が紹介

千葉テレビ「ビジネスフラッシュ」2013年6月1日放送
当院の整体施術やビジネス論について対談

J:COM「ステキ+Life」2013年8月13日放送
「ゴッドハンドに聞く!ダメな姿勢!と良い姿勢!」をご紹介

 

講師として活躍

 

当院代表の加賀谷は全国の先生方に対して、技術指導や健康促進の講師としてセミナーを開催。

 

多くの方に喜ばれている整体院です

 

 

看護師
むなかたりささん
薬剤師
徳間希代美さん
柔道整復師
おがさわら整体院
小笠原与則院長
鍼灸師
ウィング整体院
中村徹院長
整体師
からだ回復オフィス
織田茂裕院長
整体師
からだ回復センター湘南
笠井文哉院長
整体師
からだ回復整体町田
千葉一平院長
整体師
よろこび整体院
高崎敏広院長
整体師
静岡からだ回復堂
大畑雅裕院長
整体師
岡崎整体院セルフサポートS
鈴木章生院長
整体師
はぴなすたいる整体院鶴岡
菊池伸院長
整体師
からだ快福クラブ北九州
林一郎院長
格闘家
森本❝狂犬❞義久選手
社会人野球部GM
GOOD JOB
男子・女子硬式野球部GM
瀧優介さん
大学準硬式野球部監督
帝京大学準硬式野球部
浅野 修平監督

 

関節リウマチの症状と原因について

 

リウマチとは、関節に炎症を起こし破壊してしまう原因不明の疾病です。

全身の炎症性疾患ですが、主に手、足などの全身の関節や背中などに痛みや腫れの症状が出ます。

四十肩五十肩のような関節炎もリウマチの一種と言われています。

関節リウマチの初期症状には、関節の炎症に伴うこわばり、腫れと痛み、発熱などがあります。

症状が進行すると、関節の軟骨や骨が破壊され、関節の脱臼や変形などが生じます。

さらに関節の破壊が進むと、日常生活や家事、仕事に支障が出て介助が必要になるなど、生活をする上での機能障害が進行します。

関節リウマチには、いくつか特徴があります。

1つ目の特徴は、関節リウマチにはなりやすい関節と、なりにくい関節があることです。

関節リウマチとは、関節に起きる炎症が原因です。

つまり、関節リウマチを起こしやすい関節=炎症を起こしやすい関節ということです。

炎症を起こしやすい関節は、以下の4つで、この部分に関節リウマチが起こりやすいのです。

・肘関節・手関節(手首)
・手の指の関節(第2、第3関節)
・足の指の関節

2つ目の特徴は、関節リウマチの症状は左右均等に発症しやすいということです。

症状の初期段階では関節の軽い痛み程度ですが、それが左右で同じ関節に出ているのであれば、関節リウマチを疑った方が良いでしょう。

関節リウマチのはっきりした原因は、明らかになっていないのが現状です。

 

しかし、関節リウマチの発症者に共通して見られ、有力な原因となっているのが体の免疫に異常があるということです。

体が持つ免疫とは、外部から体に異物が入ってきたときに、その異物を攻撃する抗体ができ、撃退する防御システムのことです。

本来、異物を攻撃する抗体は、異物が無くなればそれと同時に消えるのですが、免疫に異常が起きると、異物が無くなっても抗体が存在し続けてしまい、その抗体が自分自身の体にも攻撃してしまうのです。

そういった異常は、炎症を起こした部位で多く見られるのです。
関節リウマチのように抗体が自分の身体も攻撃してしまうことを「自己免疫疾患」といいます。

遺伝や性別によっても関節リウマチにかかる割合も変化すると言われています。

男性よりも女性に多く見られるのは、出産に向けた高度な免疫コントロールなどが関係していると言われています。

 

関節リウマチが他で良くならない理由

 

関節リウマチは一般的に薬を使ったケア方法を中心に行われ、リハビリテーション、手術などを必要に応じて組み合わせて行います。

消炎鎮痛薬(NSAIDs)、抗リウマチ薬(DMARDs)、ステロイド、生物学的製剤などが使用されます。

 

まず初めに使うのは、抗リウマチ薬による方法が多くの方で行われます。

抗リウマチ薬は、関節リウマチの炎症を抑えることにより、関節の負担を軽減させ痛みを落ち着かせるものです。

しかし効果が出るまでに1ヵ月から半年くらいかかるため、消炎鎮痛薬を併用することもあります。

それでも症状が残った時に、ステロイド薬を処方されます。

 

他には、生物学的製剤を使う場合もあります。

炎症を引き起こす物質の働きを妨げ、関節破壊の進行を抑えます。

この薬は点滴または皮下注射、間隔は1週間に2回から2ヵ月に1回までと様々です。

基本的に、薬を使ったケア方法では段階を踏んで行いますが、その方の進行度合いや身体の状態によって、適切な薬で行うことが一般的です。

しかし消炎鎮痛薬を使用する方の中には、副作用である胃潰瘍や十二指腸潰瘍になる可能性があり、最悪、薬が飲めなくなる場合もあります。

また、ステロイドは使用を中止すると、関節の腫れや痛みが再発、もしくは以前よりも悪化して症状が出る可能性があるので、一度使用し始めるとなかなか中止できません。

ステロイドには感染症、糖尿病や骨粗鬆症などを引き起こす恐れがあるため、長期間使用する場合には、十分な注意が必要です。

このように薬を用いた方法では、副作用も考慮した慎重な対応が必要になってきます。

 

また関節リウマチにも関わらず、強い力で押したり揉んだりしている方がいます。

実際に、当院に通われている方も、以前は強い力の指圧、整体などに通われていた方もいらっしゃいますが、「激痛でつらかった」と聞いています。

ただでさえ、リウマチによる強い痛みに耐えている体に、さらに強い力を加えると、より身体の緊張が強くなり、炎症や痛みが増えていくので注意しましょう。

 

ゴッドハンドの施術法

 

関節リウマチの原因は、免疫の異常ということを説明してきました。

このことから、関節リウマチの症状を改善させるには、異常を起こした免疫を正常化し、こわばって動きの硬くなった関節を動かせるようにすれば、関節リウマチの症状は落ち着きます。

 

身体の持つ免疫力を元の状態に戻すには、

・体の歪みやねじれなど、骨格の歪みを整え、血液やリンパ液など体液の循環を正常化する。
・免疫異常で交感神経優位になった身体を、副交感神経優位に変え、リラックスさせる。
この2つが、有効と考えています。

 

関節リウマチに関わらず、骨格が歪むと各関節や筋肉が正しい位置で動かなくなってきます。

そして、緊張した筋肉が血流を悪くし、体の循環機能を妨げる事で、痛みや筋肉のコリのような症状が出ます。

他にも、内臓の不調や自律神経の乱れなどを、引き起こすこともあります。

 

東葉コンディショニングでは、骨格の歪みを整えることで体液の循環を改善し、本来の体がもつカラダを回復させる力を最大限発揮させるようにしていきます。

また、関節に痛みが出てくると、痛みを出さないように、その関節を動かさなくしてしまいます。そうすると、その関節のこわばりが強くなり、より関節が硬くなってしまいます。

関節が硬くなると、身体は緊張状態が続いてしまうため、余計に痛みが強くなってしまいます。

さらに身体の緊張状態が続くと、交感神経優位の状態が続くため、副交感神経の働きが弱くなり、身体を回復しにくい状態にしてしまうのです。

 

東葉コンディショニングの施術では、関節リウマチにより痛みや腫れが出ている関節だけではなく、その方の生活背景や日常での体の使い方のクセからくる身体の歪み方を理解し、骨格全体の歪みの調整、関節のずれや可動制限のかかった関節の調整を行うことにより、各機能が正常に働くように調整していきます。

脳にやさしい刺激を与え、体を安心させることでリラックスし、副交感神経の働きを促すことのできる、整体院東葉コンディショニング独自のQPR法(クイック・ペイン・リリース)により、身体の緊張状態をとり、関節リウマチの症状の出ている関節の調整や、自律神経の働きを整えるために重要な頸椎の調整なども行うことで、症状を改善に導いていきます。

 

また、関節リウマチの改善方法は、関節リウマチによる関節の痛みや腫れ、こわばりが無い状態を維持していく事になります。

すなわち、一度痛みや腫れが止まり、こわばりも取れたからと言って油断するのではなく、その状態をキープするために、定期的に続けることが重要になります。

 

【生理的弯曲の形成・骨盤、腰椎の動き改善】

慢性腰痛の方の特徴として、生理的弯曲の消失、骨盤のゆがみ増大、腰椎の角度悪化、腰部周辺筋肉の硬化が見られます。

これらを解消していくために、カラダ全体のバランス調整をするとともに腰背部の筋肉の緊張を取り、生理的弯曲の正常化、骨盤のゆがみ解消、腰椎の可動向上を図っていきます。

 

【肩甲骨周りの緊張の弛緩・調整】

横向きで寝てもらい、肩甲骨から鎖骨、腕の調整を行います。

関節リウマチの症状は手や指に多く出ますが、肩甲骨や鎖骨が正しい位置からずれ、腕に捻じれが出ていると、その影響で前腕や手首、指にも負担が掛かってきます。

症状改善のためには、いきなり症状の出ている指や肘などの関節の調整を行うのではなく、指や肘に負担を掛けている腕の捻じれから正していくことが重要になります。

 

【背骨・頸椎調整】

 

骨盤と背骨のカーブを整えた後に、椎骨一つ一つの調整を行います。

背骨は椎骨という骨が24個連なって形成されており、その一つ一つの椎骨の間から、全身に向けて神経が通っています。したがって、体の免疫を正常化するうえで、背骨の状態を整えることは重要なポイントになるのです。

全身のバランスが整った状態で背骨の調整を行うことで、その効果をより引き出すことができます。

あおむけで頚椎専用に当院が独自に開発した「センターラインピロー」を使って施術します。

首に軽く触れて、ゆっくりと優しく揺らしていきます。こうすることで頚部周辺の筋肉の緊張を緩和し、姿勢の安定化を図ります。

 

【腕の捻じれ、指先の調整】

ここで初めて動きの硬くなった関節の調整を行います。

関節を無理に動かすのではなく、徐々に優しく可動を広げていくように行います。

手の指先から頭まで揺れが伝わるように動かしてあげることで、関節リウマチによって緊張した筋肉を緩和し、こわばりを取り除くことができます。

 

実際の来院者の声

40代前半でリウマチと言われ、大ショック!

千葉県船橋市 40代 女性 Hさん

大学を卒業後、IT企業で勤め始めたHさん。30代後半の頃、朝に指が強張りや痛みがあって、病院に行ったことがありました。

病院では腱鞘炎を疑われ、痛み止めをもらって終了。痛みは一週間くらいでおさまったため、そのまま忘れていたそうです。

40代前半で課長に昇進してからは、激務が続くようになりました。

課長としての仕事だけでなく、4歳の息子さんの保育園への送り迎え、洗濯に掃除と、ストレスが大きくなったある日、以前のような指の強張りと痛みが再発したのです。

この頃のHさんは、会社で大きなプロジェクトに参加していたため、毎日帰りが遅く、病院に行く時間も取れません。

以前とは違い、時間が経過するほど指の関節の痛みは強くなったため、平日に休みを取って整形外科に行きました。

レントゲン検査と体内の炎症を調べるCRP検査の結果は関節リウマチ。

リウマチの症状が進行すると骨が変形することを知っていたHさんは、強いショックを受けました。

痛みは強く変形も進行していたため、すぐに投薬を開始しましたが、この後も仕事が忙しくてなかなか病院に行けない状況が続きました。

そんな時、友人が通っている整体院東葉コンディショニングが、土日も営業していることを知り来院されました。

来院初日、まずはこれまでの経緯を詳しく確認。

その後、体幹を整え血液とリンパ液の通り道である「腋下」と呼ばれる、脇の下の固さを取りました。

すると、指の強張りが取れて、スムーズに動かせるようになりました。Hさんは、その場で痛みが取れたことに、大変驚かれていました。

Hさんのカラダは、首・肩周りのリンパ液の流れが極端に悪くなっていました。

仕事と育児の疲れだけでなく、日に日に悪くなる指の状態を見ているのもストレスだったに違いありません。

そうした心理的ストレスから呼吸も浅くなっていたため、肋骨を中心に、胸周りの動きが出るように施術しました。

深く呼吸ができるようになったことで、全身の血液、リンパ液の流れが改善しました。

それから2ヵ月後の再検査では、CRP値は正常に戻っており、薬も飲まなくてよいことになりました。

Hさんは今でも月に一度のメンテナンスを欠かしません。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

リウマチ療養専門の温泉病院からの脱出!

千葉県八千代市 70代 女性 Tさん

現在70代のTさんは、若いころから内臓疾患で非常に苦労されました。50代で手足の関節リウマチを発症し、両脚の変形性股関節症も重篤でした。

初めて整体院東葉コンディショニングに来院された時は、片手に杖をつき、もう一方を息子さんに支えられないと歩けませんでした。ちょこちょこと歩幅は狭く、普通であれば30秒と掛からない駐車場から当院までの距離を、10分以上掛けて歩いて来ていました。

Tさんは、整体院東葉コンディショニングに来院する直前まで、長野県にあるリウマチ専門の温泉病院に、2カ月入院していました。そこでは、湯治や整形外科のリハビリテーションなどを受けていましたが、症状は悪化し、ベッドから起き上がることさえ出来なくなってしまいました。

その様子を見かねた息子さんが、病院から半強制的にTさんを連れ出し、退院させました。自宅療養となったTさんが、一番困っていたのはトイレでした。息子さんは、昼間は仕事のため介助が出来ません。自力で起き上がれないTさんは、訪問介護の職員が来るまでの間、トイレを我慢しなければならなかったのです。

そこで、「自力で寝起きが出来て、一人で歩いてトイレに行けるようになる」ことをゴールに設定して、施術を開始しました。肩、手足の肘、指の関節にリウマチの変形症状が出ており、何もしていなくてもひどく痛みます。そこに変形性股関節症も加わっているため、施術を受ける体勢になるだけでも一苦労です。

こんな状態で施術ベッドに横になるのは危険と判断し、まずは座った状態で施術をすることにしました。

全身のこわばりが強いため、足の指先に触れるか触れないか程度の圧をかけるレベルから、施術はスタートしました。

そして施術中は、会話を重視しながら緊張気味のTさんの気持ちも解きほぐすなど、余計な力を抜かすことも意識して進め、体全体の筋肉の柔軟性を出していきました。

最初の1カ月間は、週に2回のペースで来院。股関節のはまり位置を調整することで歩幅が広がり、10分掛かっていた駐車場から当院までの移動は、半分の5分で済むようになりました。更に半年掛けて、がちがちに固まった下半身から筋膜にかけてをしっかりとゆるめていったところ、上半身を起こし、ベッドの淵までお尻歩きで移動することが出来るようになりました。

そして、最終的に立ち上がれるようになったTさんは、時間は掛かるものの一人でトイレに行けるまでに回復したのです。

しかし、東葉コンディショニング来院時に既に変形しきっていた股関節の骨は、残念ながら戻ることはありません。けれども、Tさんはこうおっしゃっています。

「東葉コンディショニングさんに来なかったら、ずっとベッドの上から動けなかった。家の中だけでも、自分の意志で歩けることは、この上ない幸せです。ありがとうございます。」

その後もTさんの症状が悪化することはなく、今では駐車場から一人で歩いて来院されています。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

毎日身体の痛みでお困りの方にも即効で活用できる情報をYoutubeで発信しています。

 

 

八千代院営業案内

東京院営業案内

東京院に今すぐ電話をかける

整体院東葉コンディショニングの「早く良くなる5つの秘訣」

来院される方の症状を1日も早く解消するために考え抜かれた、「他とは違う東葉コンディショニングの症状改善プログラム5つの特徴」をご紹介します。

1.通常の整体とは全く違う施術をします

当店では通常の整体や揉みほぐし店とは違い、ポキポキしたり、揉んだり、押したり、叩いたりはしません。

当院では、ゆらゆら優しい刺激で脳に安心を与え、カラダの芯からゆるめ、血液やリンパ液などの循環を改善していきます。

人間には、600もの筋肉があるといわれ、浅い層の触れる筋肉「表層筋」と触ることができない深い層の「深層筋」があります。

コリや疲労や「表層筋/深層筋」どちらにも築成されていますが、「触れる筋肉」を揉みほぐし続けても、その下にある「深層近」に及ぼす効果が少ないです。

「なかなか疲れやコリがとれない、すぐ元の状態に戻ってしまう」という方は、深層筋に原因がある可能性があります。

当院の施術では、ゆらゆら揺らしながら脳に安心を与え、カラダの芯からゆるめ、血液やリンパ液の流れを改善し筋肉を健康な状態にしていきます。

 

2.痛み・しびれの本当の原因にアプローチして早期改善を目指します

「痛いと感じる場所」と「痛みを作り出している場所」は違います。

揉みほぐし・湿布・電気と違い、痛みの出ている箇所を取るのではなく、当院ではその根本原因である「カラダの歪みやねじれ」を整え早期に根本改善していきます。

AI姿勢分析「シセイカルテ」はカラダのゆがみやねじれを測定し、立体的にカラダの状態を映し出します。

口頭で「姿勢が悪い」「カラダがゆがんでいる」等と言われても中々ピンときませんが、画像で見ると自分のカラダの状態がよくわかります。

当院では、シセイカルテを用いて、今のカラダのバランス状態をしっかりと明確にし、慢性的な症状の原因を把握します。

個々の状態に合わせた自己ストレッチ、トレーニング及び日頃の姿勢の改善ポイントをアドバイスしていきます。

 

3.当院独自のストレッチ等のアドバイス

当院では、整体施術に加え、当院独自のストレッチ等もアドバイスいたします。

当院では、症状を早く改善するために、又、再発予防のために整体だけではなく、正しいカラダの使い方、自己ストレッチ、呼吸法、入浴や睡眠、感情のコントロール方法などトータル的にアドバイスします。

慢性的な症状の原因のほとんどは、その方の生活習慣の中にあります。

整体を受けて一時的に体調が回復しても。悪い習慣を改善していかない限り、症状が再発する可能性は高くなります。

当院では、来院された方々がつらい症状を1日も早く解消し、健康的に楽しく日々生活ができるように願っております。

そのためにトータル的なアドバイスを積極的に行います。

 

4.施術は短時間

当院では、短時間の施術で改善効果を出します。

当院の施術時間は1回20〜30分です。

人間の体は扇風機の弱い風でも長時間あたっていると負担になり、だるさなどの疲労が出ます。 カラダにかかる負担を最小限に抑え、出来るだけ短時間で回結果を出すという考え方で施術を行っています。

尚、重症な方や全身に渡って広範囲に症状があり、1回の施術では対応が難しい方、遠方から来院される方には、休憩時間を挟んで1日に2回施術をオススメする場合もあります。

 

5.整体記録ノート

当院では、整体記録ノートをお渡ししています。

来院者さんと施術者が相互にカラダの状態を理解し、症状回復に向け取り組んでいくために、毎回施術内容と症状の変化を記した「整体記録ノート」をお渡ししています。

皆様のつらい症状を1日も早く解消し、健康に楽しく日々生活ができるように症状改善に向け一緒に取り組んでいきましょう。

 

 

施術料金

整体料金
・整体  ¥4,950- (税込)
・初見料 ¥1,100- (税込)
*初見料は、初回もしくは最終施術日から3ヶ月以上経過した場合、頂きます。

 

八千代院営業案内

東京院営業案内

東京院に今すぐ電話をかける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加