坐骨神経痛を伴う腰痛は整体で解決!

多くの方が経験している腰痛。なかなか治らず、折り合いをつけながらなんとか痛みと付き合っているという方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、腰痛だけでなく、坐骨神経痛といったお尻や足に痛みやしびれの症状が出ることもあります。

 

この坐骨神経痛の症状が重症化すると、歩くことができなくなったり、起き上がることも困難になる恐れがあります。

腰痛で悩んでいる方で、足などにしびれを感じることがあれば、悪化する前に処置をする必要があります。

 

今回は、坐骨神経痛を伴う腰痛とその原因の説明と、整体院東葉コンディショニングで教えている「身体の歪み解消ストレッチ方法」をご紹介していきたいと思います。

 

 

【目次】

 

 

◆坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」が、何らかの原因によって圧迫・刺激され、お尻や太ももの後ろ、すね、足先など痛みやしびれが出る症状のことをいいます。

 

多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれが生じます。

 

坐骨神経痛を引き起こす原因となる疾患には、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などがあります。

 

このように、原因がはっきりと特定できる場合、坐骨神経痛は症状の一つとして扱われますが、検査しても疾患などがなく原因がわからないものは、坐骨神経痛が病名とされますが、これは珍しいことではありません。

 

ただ、坐骨神経痛を引き起こす疾患は比較的見つかりやすいので、病名ではなく症状の一つとして扱われることが多いようです。

 

坐骨神経痛を引き起こす疾患についてはこちらの記事をご覧ください。

 

【腰椎椎間板ヘルニアに関する記事】

腰痛でよく聞く「腰椎椎間板ヘルニア」の原因ってなに?

 

【脊柱管狭窄症に関する記事】

手術と言われた腰椎脊柱管狭窄症の足腰の痛みを整体で改善

 

 

◆坐骨神経痛を伴う腰痛の原因とは

坐骨神経痛を伴う腰痛の原因は、身体の歪みや筋肉の固さによるものだと考えられます。

 

人間の身体は、一部に歪みが表れると、他の部位も歪ませなければバランスを保つことができません。

 

歪みやねじれから関節の可動域が狭くなったり、正しい身体の動きができなくなると、動くために本来必要とされる以上の力を使わなければならなかったり、血流の滞りから筋肉が過度に固くなることもあるのです。

 

人間の背骨は、生理的弯曲というS字のカーブを描くような構造をしています。

 

 

このS字カーブは、全身のバランスをとるためだけでなく、歩行を始めとする動作や、頭の重さから受ける衝撃を和らげる「バネ」の役割も果たしています。

 

しかし、反り腰、猫背のような姿勢が続き、正しいS字のカーブが崩れると、重力をうまく吸収分散することができません。すると、腰や首などに掛かる衝撃を緩和するために、筋肉を緊張させて身体を守ろうとするのです。

 

また、こうしたねじれや歪みは背骨のみにとどまらず、骨盤をはじめとする全身を歪ませます。そうして血流が悪くなると、筋肉を硬直させて神経を圧迫し、痛みやしびれを引き起こします。

 

例えば、長時間正座をして足がしびれるのは、足の血管が圧迫され血流が悪くなったことが原因です。

 

ホースがねじれていると水の流れが滞るように、全身のバランスが整っておらず、身体に歪みやねじれがある状態では、血管にもねじれが生じ、血流も悪くなってしまいます。

 

血行不良がひどくなれば筋肉の硬直はさらに強まり、更に血流が悪化して痛みやしびれを起こしやすくなる……。

 

このような悪循環により筋肉に過度な負担が掛かると、疲労が溜まり、さらに炎症を起こすと腰痛となって現れます。

 

腰痛が悪化すると、坐骨神経痛のような足の痛みやしびれといった症状も、現れるようにもなるのです。

 

 

◆坐骨神経痛を伴う腰痛に対する整体施術

坐骨神経痛を伴う腰痛を根本的に解消するには、腰へ掛かっている負担を減らす必要があります。

 

そのため、整体東葉コンディショニングでは、痛みが出ている部分だけでなく、カラダ全体の歪みを解消させ、バランスを整えて整体施術を行い、腰に掛かる負担を減らしていきます。

 

下肢アライメントや骨盤、胸郭、背骨などひとつひとつ丁寧に歪みを整えることで、身体全体のバランスが取れるようになります。

 

そうすることで、骨盤や腰椎が正しい位置に安定し、腰やお尻周りをはじめとする関節や筋肉への過度な負担が減り、血流やリンパの流れがよくなり、自然治癒力を高めることができるのです。

 

腰痛・坐骨神経痛症状への施術一例は、こちらからご覧ください。

 

【慢性腰痛に対する整体施術】

慢性腰痛改善の方法

 

【腰椎椎間板ヘルニアに対する整体施術】

腰椎椎間板ヘルニア改善の方法

 

 

【脊柱管狭窄症に対する整体施術】

腰部脊柱管狭窄症改善の方法

 

 

 

◆坐骨神経痛を伴う腰痛・身体の歪み解消ストレッチ

腰痛や坐骨神経痛の症状の緩和・解消には、身体の歪みを整えて必要以上に筋肉の負担を掛けないようにすることが重要です。

 

そこで、整体院東葉コンディショニングで教えている、骨盤の歪みの確認・調整や坐骨神経痛を伴う腰痛に効果的な、自分でできるストレッチ方法をご紹介します。

 

・足組ゆらゆら骨盤調整

こちらは、椅子に座りながら骨盤調整を行うストレッチです。

腰をかけるところがあれば、いつでも簡単に骨盤の歪みを整えることができます。

 

[動画はこちら]

https://youtu.be/azsOYFtiVik

 

 

・全身の歪みがたった8分で調整できるエクササイズ

全身バランス調整エクササイズ

こちらは、骨盤、背骨をはじめ全身の歪みを調整できるエクササイズです。

全身のバランス調整が慣れてくるとたった8分で行えるようになります。

 

寝る前に行って、疲れとバランスを取ってから寝ると、疲労回復に繋がります。

 

 

・下肢バランス調整エクササイズ

https://toyoconditioning.com/stretch_04/

 

このストレッチは、下肢の歪みを整えることができます。

下肢が歪んだ状態だと、腰だけでなく、膝、足首にも悪い影響を与えます。

 

身体の土台となる下肢を整えれば、正しい姿勢を保てるようになり、足の疲労も軽減できます。

 

 

・おしり・太ももストレッチ

https://toyoconditioning.com/stretch_03/

 

このストレッチは、臀部の筋肉はじめ、ハムストリング、大腿四頭筋など効果的に伸ばすことができます。

 

足周りの緊張が原因で、身体の歪みが起こることがあります。腰痛予防のためにも、お尻や太ももなどの筋肉をよく緩めるようにしましょう!

 

 

◆まとめ

腰痛や坐骨神経痛の症状は、身体の歪みが原因で起こっている可能性があります。

 

病院で「原因不明」「異常なし」と言われたのに、痛みやしびれがあるという方は、歪みを整えるストレッチを行ったり、歪みを引き起こすような姿勢をしないように意識するだけで、身体に掛かる負担も少なくなっていきます。

 

身体をしっかりとケアし、腰痛や坐骨神経痛の症状が出ないようにしていきましょう。

 

Writer

小橋 悟

【資格】
・ 脳と身体の整体療法「QPR法上級認定」
・ ブレイン&ボディバランス研究所  会員
・ NPO法人日本心理カウンセラー協会 会員

子供の頃から母親のカラダの不調を見ていて、 施術家の道を志す。
現在は、月間約400回の施術をしながら、八千代院の院長を務めている。

ここまで磨き上げてきた施術技術・知識に加え、優しい人柄で、来院者さんからの信頼も厚い。

当社が開催するトップランナー整体実践塾やQPR法ベーシック講座、センターラインインソール資格取得セミナーなど、同業の治療家に対しての技術講師も担当している。

その功績を認められ書籍「腰痛解消!神の手を持つ12人 令和元年版」の1人に選ばれる。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事