子どもの猫背姿勢も肩こりを招く!

スマホやタブレットの普及が進んでいる今、小さな画面を凝視する時間が増えているという方は少なくありません。

 

その中で心配なのが、子どもが勉強したり、スマホの操作やゲームをしている時の姿勢です。

 

つい夢中になって机や画面に集中し、背中を丸めているお子さんを目にした親御さんはたくさんいるでしょう。

 

姿勢不良を続けていると、子どもでも猫背が進み、首・肩こり、腰痛などを引き起こしかねません。

 

今回は子どもの頃こそ要注意な「猫背」について、説明していきたいと思います。

 

 

 

【目次】

 

◆あなたのお子さんは猫背?簡単姿勢チェック法

悪い姿勢の代表格ともいえる猫背。

「背中が曲がっているよ」と指摘された・したことはありませんか?

 

猫背の主な原因は教科書やノート、スマホやゲームの画面に目を近づけること、そして首だけが前に突き出す姿勢になってしまうことです。

 

本来、背骨は『生理湾曲』というS字のカーブを保ちながらバランスをとっています。

 

 

背骨は首から腰まで1本で繋がっているので、はじめのうちは姿勢を気にして首だけで下を向くようにしていたとしても、長時間になると頭の重みを支えきれず、次第に背中も丸くなる「猫背」になります。

 

猫背よって背骨のS字曲線が崩れてしまうと、重たい頭を骨格ではなく、筋肉で支えるようになるため首や肩に“こり”を生じさせやすく、見た目にも暗い印象を与えてしまいます。

 

 

まずは次の手順に沿ってお子さんの姿勢をチェックしてみましょう。

 

①壁に背中をつけるようにまっすぐ立ちます。

②壁にかかと、ふくらはぎ、おしり、肩、後頭部がついているか確認します。

 

 

正しい姿勢がとれている場合、この5点全てが壁につきます。
「背中やお尻を壁につけると頭が浮いてしまう」という方は、猫背の可能性があります。

 

 

ご自身の姿勢が把握できたところで、次の章では普段どのように身体を使っているのかを確認してみましょう。

 

 

 

◆子どもが猫背になるのはなぜ?

子どもの骨は成長段階にあるため、柔らかく歪みやすい特徴があります。

 

そのため、子どもでも猫背になってしまうんです。

 

では、猫背になってしまう原因は何でしょうか。

 

 

 

①普段から姿勢を崩している

 

様々な不調でたくさんの方がいらっしゃっていますが、話を聞くと「子どものころから姿勢が悪かった」という方が多く見受けられます。

 

これは子どものころ、姿勢について教えられてこなかったことが原因と考えられます。

 

例えば、背中を丸めて勉強やゲームをしていても、2~3回の注意で終わってしまうことがほとんどではないでしょうか。

 

また、横座りや女の子座りなど、体を歪ませてしまう座り方があるということが周知されていないのも原因の1つです。

 

 

周囲の大人が姿勢について教えてあげないと、子どもは常に自分が楽な姿勢をとるようになってしまいます。

 

その積み重ねが体に歪みを生じさせ、姿勢を悪化させていってしまうのです。

 

 

②長時間の勉強やスマホ・ゲーム

最近では、小学生でもスマホを持っている子がいたり、勉強でもタブレット端末を使用する機会が多いことから、首を下に向ける姿勢が長時間続くことが増えてきました。

 

子どもの筋肉や骨は発達途中のため柔軟性があります。そのため、多少の無理な姿勢も苦にしない場合がほとんどです。

 

しかし、悪い姿勢が癖づいてしまうと、気づかないうちに体はどんどん歪み、見てわかるほど猫背になってしまいます。

 

スマホを片手だけで操作していたり、寝ながらゲームをしていたり、画面に夢中になって前かがみになるなどの、良くない姿勢でいる時間が長いと、子どもでも「身体の歪み」として猫背は徐々に定着してしまうのです。

 

 

 

③運動不足

正しい姿勢を保つためには、その体を支える筋力が必要です。

 

子どもでも運動不足になると筋力が低下し、自分の姿勢を保てなくなってしまいます。

 

すると、最初は良い姿勢でも時間が経つにつれて崩れてしまい、猫背になってしまうのです。

 

特に2020年はコロナ禍で自粛生活が続き、自宅にいる時間が多かったため子どもたちの運動不足が懸念されています。

 

姿勢だけでなく、健康を保つためにも年齢に関わらず適度な運動が必要になります。

 

 

 

 

◆猫背が身体へ悪影響を及ぼす

猫背になると身体にはどのような影響が出るのでしょうか?

猫背が身体に及ぼす悪影響を、3つ説明していきます。

 

 

1.首・肩こりが強く出る

「猫背」とは、背中が丸まることで肩を前方に巻き込み、頭が前に突き出た姿勢です。

 

成人の頭の重さは体重の約10%、片腕は身体全体の約6%と言われています。

50kgの人だと、頭の重さは5kg、両腕になると6kgにもなります。

 

猫背の姿勢とは、「肩周りの筋肉で5㎏(頭)を支え、左右の肩から3㎏(腕)の重りをぶら下げた状態」と考えると、負担はかなりのものになることが想像できますよね。

 

また、肩甲骨には16個もの筋肉が付着していますが、猫背姿勢では肩甲骨の動きが悪くなり、肩周辺の筋肉にダメージを与えてしまいます。

 

そのため、猫背を正し、肩甲骨を本来の位置に戻すことで、肩甲骨の動きを正常化させることが、首・肩こり解消に必要なのです。

 

 

 

2.腰痛になりやすくなる

背骨は、上から順に頚椎7個、胸椎12個、腰椎5個と、仙骨、尾骨から成り立っており、横から見ると「生理弯曲」と呼ばれるゆるやかなS字状カーブを描いています。

 

 

生理弯曲があるから、人間の身体はバランスよく支えられ、日常生活に適した姿勢を保つことができるのですが、猫背姿勢はこの生理弯曲を崩してしまいます。

 

背骨で身体を支えられなくなると、腰や背中への負担は大きくなり、必要以上に酷使された筋肉が腰痛を引き起こす、というパターンは珍しくありません。

 

 

3.頭痛や不眠など体調不良を引き起こしやすくなる

 

体調不良の中でも「頭痛」は、猫背による首や肩の動きの悪さが原因である場合があります。

 

猫背のように背中を丸めると、顎が前に出て首から肩にかけてCの字になるため、頭の重みがダイレクトに首や肩に掛かってしまいます。

 

 

その結果、頭蓋骨の歪みや環椎後頭関節(首と後頭骨の付け根の部分)に詰まりを引き起こすと、脳への血液やリンパの流れは悪化し、頭痛や不眠、自律神経の乱れを招く原因となるのです。

 

また、背中が丸くなることで胸郭を自由に動かせずにいると、そのまわりの筋肉が固くなり、呼吸運動にも影響が出てしまいます。

 

呼吸時、肺は胸郭を形成する肋骨と横隔膜の伸縮運動によって、膨らんだりしぼんだりします。

しかし、猫背によってこの動きに制限がかかってしまうと、肺の膨らみも小さくなり、酸素を十分に取り込めなくなってしまいます。

 

酸素の不足は疲れを溜まりやすくするだけでなく、身体を緊張状態にし、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくできなくなる「自律神経失調症」のようなカラダの不調を招く原因となるのです。

 

 

◆猫背に対する整体施術

整体院東葉コンディショニングでは、先に挙げたような理由から、猫背解消のために身体の歪みや筋肉、関節の状態見極めて、首や肩、背中周りだけでなく、全身の骨格バランスを調整します。

 

●カラダ全体のバランス調整

●生理弯曲の形成、骨盤、脊椎の歪み改善

●負担が掛かっている筋肉・関節の調整

 

などに重点を置いた施術を行うことで、猫背の根本的原因を解消し、姿勢改善に導いていきます。

 

カラダ全体のバランスが整い、呼吸や血液・リンパなどの流れが良くなると、自然治癒力が高まり、全身の疲れや痛みの解消に繋がるのです。

 

 

*猫背・身体の歪みに対する整体施術については、こちらをご覧ください。

 

 

◆猫背解消!正しい姿勢とストレッチ

様々な身体の不調を引き起こす原因となりうる「猫背」の予防・解消に重要なのは、「正しい姿勢を意識する」ことです。

 

どんなに整体施術で身体を整えても、普段の生活でスマホやゲームをする時のような猫背姿勢を続けていれば、元の木阿弥です。

 

でも、正しい姿勢がどんなものなのか、どうしたら正しい姿勢をキープできるのかがわからない、という方は少なくないはず。

 

そこで、ここでは正しい立ち方・座り方に加えて、猫背解消ストレッチをご紹介します。

 

是非実践して、体調管理にお役立てください。

 

 

・正しい立ち方

動画はコチラ↓

https://www.youtube.com/watch?v=k5XqBkLgicQ

 

・正しい座り方

動画はコチラ↓

https://www.youtube.com/watch?v=FPLmEVTWmPg

 

 

猫背解消に繋がるストレッチ

・骨盤コロコロ体操

https://youtu.be/qWPd3bibKpY

 

・シムス位エクササイズ

https://youtu.be/AavwWCLnapM

 

・四つんばい肩甲骨はがし

https://youtu.be/v60HcNmVANE

 

・肩甲骨寄せストレッチ

https://youtu.be/6nBtDxAJtko

 

 

◆まとめ

子どもの骨は成長段階のため柔らかく、歪みやすいものです。

 

そのため、子供でも猫背や不良姿勢はなりやすく、そのまま大人になってしまうと歪んだまま固定されてしまい、治りにくくなってしまいます。

 

最近では小学生の時点で猫背になっている子も珍しくなく、お子さんの姿勢でお悩みの親御さんがたくさんいらっしゃいます。

 

大人になると猫背はなかなか改善が難しく、様々な不調の原因になります。

 

子ども達が健やかに成長できるよう、姿勢のことでお困りのことがありましたら是非、整体院東葉コンディショニングへご相談ください。

 

 

 

 

Writer

小橋 悟

【資格】
・ 脳と身体の整体療法「QPR法上級認定」
・ ブレイン&ボディバランス研究所  会員
・ NPO法人日本心理カウンセラー協会 会員

子供の頃から母親のカラダの不調を見ていて、 施術家の道を志す。
現在は、月間約400回の施術をしながら、八千代院の院長を務めている。

ここまで磨き上げてきた施術技術・知識に加え、優しい人柄で、来院者さんからの信頼も厚い。

当社が開催するトップランナー整体実践塾やQPR法ベーシック講座、センターラインインソール資格取得セミナーなど、同業の治療家に対しての技術講師も担当している。

その功績を認められ書籍「腰痛解消!神の手を持つ12人 令和元年版」の1人に選ばれる。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事