ペットボトルを使って腰痛解消ストレッチ

腰痛解消のために、様々なグッズを使っている方も多いのではないでしょうか?

 

あれこれ使ってもなかなか腰痛が改善されないと悩んでいる方にオススメのグッズがあります。それは、身近にある「ペットボトル」です。

 

今回は、お腹の固さから起こる腰痛とペットボトルを使った腰痛解消ストレッチをご紹介します。

 

 

 

【目次】

 

 

 

◆腰痛の原因は「お腹の筋肉の固さ」

なかなか改善されない腰痛の原因の一つとして「お腹の筋肉の固さ」があります。

 

 

実は、大腰筋という腰から股間節にかけて伸びている筋肉が固くなると、腰痛を引き起こしやすくなります。

 

大腰筋には、股間節の屈曲、脊柱の伸展、歩行や姿勢の維持などの役割があります。

身体を前に倒したり、起こしたりするとき、正しい姿勢維持するのに大腰筋が働くのです。

 

しかし、大腰筋が固くなると、膝が高く上がらず階段を上るのが辛い、骨盤を立てた状態での姿勢維持が難しい、などを引き起こし、腰に負担が掛かりやすくなります。

 

また、大腰筋はお腹全体を支える筋肉です。この働きが弱まると背中が丸くなり、猫背姿勢になってしまいます。

猫背姿勢は、背中の筋肉が伸ばされ、お腹の筋肉は圧迫され縮んだ状態です。

 

 

骨盤が後ろに倒れるため、おしり周りや腰・背中の筋肉を引っ張り、コリが強まったり腰痛が発生しやすくなります。

また、お腹は圧迫されるため、血流の悪化から更なる固さを招きます。

 

お腹の筋肉が固く伸びないと、胸を張るように身体を起こすことが難しくなるため、猫背になるという悪循環が生まれてしまうのです。

 

そのため、腰痛解消のためには、お腹周りの筋肉を緩めることで、身体を起こし、伸ばされた背中の筋肉を元通りにしてあげる必要があります。

 



 

◆ペットボトルでお腹ストレッチ

では、ペットボトルを使ったお腹のストレッチをご紹介します。

 

1.あおむけに寝て、両ひざを立てましょう。

 

2.3秒かけて息を吸い、下の写真の①部分(みぞおち)をペットボトルで押しながら、10秒かけて息を吐ききります。

 

3.同様に、「の」の字を書くような順番で②~⑦をそれぞれ押しながら呼吸をします。ポイントは腹式呼吸しながらお腹を押していくことです。

 

4.3回くり返しましょう。

 

無理は禁物ですが、ペットボトルがお腹の中に深く沈むようにじんわりと押しましょう。

最初は固かったお腹が、ほぐれてやわらかくなると、ペットボトルが深く入るようになっていきます。

①みぞおち

②へその上

③へその下(丹田)

④骨盤の右側の出っ張りの内側

⑤右側の肋骨の下

⑥左側の肋骨の下

⑦骨盤の左側の出っ張りの内側

 

※注意 適度な回数で!

ストレッチはたくさんやれば良いというわけではありません。

朝起きたときや寝る前、横になったタイミングなどで、1日2~3回程度ストレッチを行うようにしましょう。

 



 

◆まとめ

腰痛を治そうと考えて、腰周りの筋肉をマッサージやストレッチをしたことがある方は大勢いると思いますが、お腹の筋肉の硬さを気にしている人は少ないのではないでしょうか。

 

なかなか腰痛が解消されないという方は、気付かぬうちにお腹が固くなり腰に負担をかけているのかもしれません。

 

腰痛でお悩みの方は、ペットボトルを使ってお腹のストレッチをしてみましょう。

 

また、今回紹介したストレッチの他に、全身の歪みを簡単に整えられるエクササイズも行うと腰痛解消に効果的です。

是非こちらも一緒に行ってください。

 

「全身の歪みがたった8分で調整できる!全身バランス調整エクササイズ」

 

Writer

小橋 悟

【資格】
・ 脳と身体の整体療法「QPR法上級認定」
・ ブレイン&ボディバランス研究所  会員
・ NPO法人日本心理カウンセラー協会 会員

子供の頃から母親のカラダの不調を見ていて、 施術家の道を志す。
現在は、月間約400回の施術をしながら、八千代院の院長を務めている。

ここまで磨き上げてきた施術技術・知識に加え、優しい人柄で、来院者さんからの信頼も厚い。
当社が開催するトップランナー整体実践塾やQPR法ベーシック講座、センターラインインソール資格取得セミナーなど、同業の治療家に対しての技術講師も担当している。

その功績を認められ書籍「腰痛解消!神の手を持つ12人 令和元年版」の1人に選ばれる。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事