整体で腱鞘炎の痛みを解消!

 

手を使う時間が多い方によくみられる「腱鞘炎」。日頃の生活の中で、手を休ませることはなかなか難しいため、痛みと付き合っていくしかないと思っている方は必見です。

 

腱鞘炎を引き起こす根本的原因は、実は腕や肩のねじれにあるのです。

そのため、腱鞘炎を良くしていくためには、痛みが出ている手首だけでなく、腕や肩をはじめとする全身のバランスを見ていく必要があります。

 

今回は、腱鞘炎の原因と整体院東葉コンディショニングでの整体施術、セルフチェック法、ストレッチについて説明していきます。

 

 

【目次】

 

 

 

◆腱鞘炎の原因とは?

手の指は、指の筋肉だけでなく、肘から手首にかけての「前腕」と呼ばれる部分の筋肉と、「腱」を使っています。

筋肉が縮めば腱が伸び、筋肉が伸びると腱は縮むといった連動を伝えることで、指が動かせるのです。

 

 

腱は、正しい軌道で指を動かせるようにするため、リストバンドのような筒状の「腱鞘」に包み込まれています。

 

ところが、指を使えば使うほど腱と腱鞘との摩擦が多くなり、その結果、「腱鞘炎」という炎症や痛みがあらわれるのです。

 

こうして生じる腱鞘炎をひどくしたり、起こしやすくするのが「腕や肩の捻じれ」です。

 

人は手のひらを下に向けるように、腕を内側にねじって作業することが多いため、どうしても腕や肩が捻じれた状態になりがちです。

 

このような状態だと、前腕をはじめとする腕周りの筋肉の緊張が強まり、腱鞘の摩擦が起こりやすくなってしまうのです。

 

 

◆腱鞘炎に対する整体施術

腱鞘炎の症状改善のためには、全身のバランスを整えることで、手首だけでなく、腕や肩のねじれから生じる筋肉の緊張を緩和し、腱鞘の摩擦を減らす必要があります。

 

そしてこうした状態を改善しない限り、再発の危険性が残るのです。

 

そのため、整体院東葉コンディショニングでは腱鞘炎による痛みの早期回復、再発防止のために、身体のバランスを安定させることで、立った時や座った時の骨盤、背骨を正しい位置に戻し、肩甲骨や鎖骨の動きを正常な状態にしていきます。

 

 

腱鞘炎の整体施術一例は、こちらに詳しく書いていますのでご覧ください。

腱鞘炎の改善方法

 

 

◆腱鞘炎チェック法

手首の痛みが強くなると、「腱鞘炎かもしれない……」と思いますよね?

 

普段から手を酷使している、背中を丸めた猫背で作業をしているなど、心当たりがありませんか?

 

腱鞘炎のセルフチェック法を動画でご紹介しますので、痛くない範囲で手首の状態をチェックしてみましょう。

https://youtu.be/y1bXUp6mfUA

 

痛みが強く出るのであれば、整体施術を受けることをオススメします。

 

 

◆腱鞘炎の方にオススメストレッチ

前腕の緊張が大きく関係する腱鞘炎の改善には、体幹を整えること・腕の捻じれを戻すことが重要です。

 

指や手だけでなく、上半身全体をストレッチし、症状の緩和を目指しましょう。

 

●手首ローテーション・指ねじり

効果:手首・指の疲労解消

https://youtu.be/LiS9rjkvYt0

 

●前腕ゆらゆらストレッチ

効果:前腕部の疲労解消

https://youtu.be/ZFiuO_NJ4nM

 

●シムス位エクササイズ

https://www.youtube.com/watch?v=AavwWCLnapM

 

 

◆まとめ

腱鞘炎の痛みがなかなか改善されないと不安が募りますよね。

 

先ほど説明したように、腱鞘炎の痛みは、手首だけでなく、腕や肩のねじれ、身体全体の歪みを調整していく必要があります。

 

また、身体のセルフケアを行うことは、腱鞘炎だけでなく、首肩まわりのコリや痛みの予防にもつながります。今回紹介したストレッチ動画を参考に、ぜひ全身をケアしてください。

 

腱鞘炎の症状でお悩みの方は、是非当院にご相談ください!

 

Writer

小橋 悟

【資格】
・ 脳と身体の整体療法「QPR法上級認定」
・ ブレイン&ボディバランス研究所  会員
・ NPO法人日本心理カウンセラー協会 会員

子供の頃から母親のカラダの不調を見ていて、 施術家の道を志す。
現在は、月間約400回の施術をしながら、八千代院の院長を務めている。
ここまで磨き上げてきた施術技術・知識に加え、優しい人柄で、来院者さんからの信頼も厚い。
当社が開催するトップランナー整体実践塾やQPR法ベーシック講座、センターラインインソール資格取得セミナーなど、同業の治療家に対しての技術講師も担当している。
その功績を認められ書籍「腰痛解消!神の手を持つ12人 令和元年版」の1人に選ばれる。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事