股関節痛がひどい!?その原因「立ちっぱなし」の姿勢かも!

長時間立ちっぱなしでいると、足の付け根が痛くなったり、重だるく感じたりすることはありませんか?

特に、仕事で立ちっぱなしの状態が長い方は、股関節に痛み生じやすい傾向があります。

 

そんな、立ちっぱなしによる股関節の痛みを解消するために、何が原因なのかを考えながら改善方法を紹介していきます。

 

股関節痛解消ストレッチもご紹介しますので、最後まで読み進めてみてください。

 

 

 

【目次】

 

 

 

立ちっぱなしで股関節が痛くなる原因とは?

まずは、立ち仕事によってもたらされる、股関節周りの痛みや重だるさの原因を考えてみましょう。
ポイントは2つあります。

 

1つ目は、股関節周りの筋緊張です。

 

立ちっぱなしでいると、どちらか片方の足に体重を乗せるような姿勢をとってしまいがちです。そうすると、股関節周辺の筋肉が固くなったり、骨盤を歪ませ、筋力バランスの悪化を招きます。

 

このような偏った状態で筋肉を使っていると、足の疲れや痛みを引き起こすおそれが出てきます。

立ち仕事が多い人は、このような筋肉の緊張や骨格の歪みを慢性化させないためにも、こまめな運動やストレッチが大切になります。

 

2つ目は、血液循環の低下です。

私たちの体は、心臓が脈を打つことで常に血液を循環させていますが、重力の影響があるため、立った状態では血液は下方、つまり足の方へと流れやすくなります。

 

足に流れてきた血液を心臓へ送り返す役割を担っているのがふくらはぎの筋肉であり、筋肉の収縮・弛緩(しかん)によってポンプの役割を果たし、血液を心臓に戻しています。

血液には酸素を全身に供給する役割もあるので、新鮮な酸素を含んだ血液が足にも送られ筋肉を動かしたり、姿勢を保ったりしています。

 

しかし、立ち仕事などでずっと同じ姿勢が続くなどが原因で筋肉が固くなってしまうと、ポンプの力が弱まり本来心臓に戻されるべき血液が足に留まってしまうため、血液循環が悪くなり、重だるさや疲労感、むくみへとつながってしまいます。

 

◆立つ姿勢が股関節痛を悪化させる!?

本来カラダの重心は、膝下から足部までを繋ぐ骨(脛骨) に乗ることによって、体重を骨格で支えることができています。

 

 

しかし、立ちっぱなしの時によくやってしまう「片足に重心をかける」外側重心(外側に傾いた重心)は、体重を骨格ではなく筋肉で支えることになってしまいます。

 

その状態が長く続くと、足回りの筋肉が固まり、足首・膝・股関節の各関節の連結が崩れ、その上にある骨盤も歪むことになります。

 

その結果、股関節痛の原因になってしまうのです。

 

また、高いヒールの靴などを履く機会が多い方は、前足部重心(足の前の方に重心が偏る形)になりやすいです。足部のアーチを支えている筋肉が疲労しやすく、足が潰れてきてしまい、扁平足や外反母趾の原因になるため、こちらも注意が必要です。

 

 

◆股関節痛の方におすすめストレッチ

ご自宅で簡単にできる、「股関節痛の方にオススメのストレッチ」をご紹介します。

整体に行く時間がなくても、「セルフ整体」で予防・改善に繋げましょう。

 

まずは、股関節痛の原因にもなる体の歪み解消ストレッチです。

 

1.シムス位ストレッチ

<効果>

・骨盤、背骨の歪み矯正

・首、肩周り、腰背部の緊張緩和

・股関節、肩甲骨の柔軟性・可動域改善

 

①うつ伏せになり、足は膝から曲げます。 両手を広げて胸を床に着けます。

※無理なく、痛みのない範囲で膝を曲げましょう。顔は曲げた足のほうに向けるか、顎を床に着けてまっすぐ下に向けます。

 

②膝を床に着けたまま、床にこすりつけるように曲げた足を左右に10 回程度動かします。反対側も同様に行います。

 

膝を曲げるほど強くストレッチされるので、自分で楽に気持ちよくできる範囲で調整してください。

 

シムス位ストレッチ動画

https://youtu.be/AavwWCLnapM

 

 

2.骨盤コロコロストレッチ

<効果>

・骨盤の歪み調整

・股関節の可動域改善

・腰、股関節の連動向上

 

①椅子に浅く腰掛け、両手を腰に当てます。

 

②肩をなるべく動かさないように、骨盤を前後にコロコロと20回程度倒します。

 

骨盤の歪みを整えながら、腰周りや股関節周りの筋肉を緩めることができます。座れるところさえあればできますので、自宅に限らずストレッチしましょう。

 

骨盤コロコロストレッチ

https://youtu.be/qWPd3bibKpY

 

 

3.足の重みで骨盤伸ばし

<効果>

・臀部~骨盤周辺の筋肉の緊張緩和

・股関節の歪み、ねじれ矯正

 

①仰向けで両膝を立て、片足をもう一方の足の膝に乗せます。

 

②乗せた足の重みで、骨盤の外側をゆっくりジワーっと伸ばします。

伸ばしたところで、軽く10回程度揺らします。反対も同様に行います。

※痛みのない範囲で行いましょう。

 

 

日常的にストレッチができると、効果も上乗せされていきます。ただ量をこなせば良いというものではありませんので、1日に2~3回程度行えると良いでしょう。

 

 

◆ストレッチ以外にもできること

股関節痛を引き起こす原因は、意外と皆さんの生活背景に隠れていることがあります。

 

そのため、整体院東葉コンディショニングでは生活面でも様々なアドバイスをしています。

 

立ちっぱなしで股関節が痛くなる方は、以下の点に気を付けると良いでしょう。

 

・入浴

股関節には常に負担が掛かっていますが、湯船の中は浮力が働くため、負担が軽減されます。

 

また、ゆっくりお風呂に浸かることで体が温まり、血流改善され、筋肉の固さを和らげることができます。

 

さらに、入浴後に上記のストレッチができると良いですね。

 

 

・姿勢

どちらかに重心が偏った立ち方をしていませんか?

骨盤を歪ませてしまうことで、股関節の痛みにつながることがあります。

 

数回程度では大きな影響はありませんが、長時間同じ姿勢や昔からの癖がある方は要注意です。

 

両足でしっかりと立つように心がけましょう。コツは、足を肩幅より少し広く開くこと。少し落ち着かないかもしれませんが、ふらつきもなく、両足にバランス良く体重がかかるようになります。

 

 

◆まとめ

立ちっぱなしで股関節を痛めている場合は、普段の姿勢や立ち方が影響を及ぼしている場合もあります。

 

姿勢に気をつけたり、ストレッチの実施で、少しずつ改善させたいですね。

立ちっぱなしでの股関節痛にお困りの際は、東葉コンディショニングにご相談ください。

 

Writer

小橋 悟

【資格】
・ 脳と身体の整体療法「QPR法上級認定」
・ ブレイン&ボディバランス研究所  会員
・ NPO法人日本心理カウンセラー協会 会員

子供の頃から母親のカラダの不調を見ていて、 施術家の道を志す。
現在は、月間約400回の施術をしながら、八千代院の院長を務めている。

ここまで磨き上げてきた施術技術・知識に加え、優しい人柄で、来院者さんからの信頼も厚い。

当社が開催するトップランナー整体実践塾やQPR法ベーシック講座、センターラインインソール資格取得セミナーなど、同業の治療家に対しての技術講師も担当している。

その功績を認められ書籍「腰痛解消!神の手を持つ12人 令和元年版」の1人に選ばれる。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事