外反母趾は整体で解消できる!

皆さんは「外反母趾」をご存知でしょうか?

 

聞いたことはあるものの、症状や原因についてはよくわからない、という方も多いのではないでしょうか。

 

外反母趾とは足部の変形です。見た目に美しくないだけでなく、放っておくと強い痛みを引き起こしたり、悪化すると痛みで歩けなくなる、体のバランスを悪くするため腰痛や膝痛など、他の部位に痛みを引き起こす場合もあります。

 

そこで、今回は外反母趾の原因と、対策についてご紹介します。

 

 

【目次】

 

 

 

 

◆外反母趾の原因

外反母趾とは、親指が小指側に15度以上曲がってしまうものをいいます。

 

 

外反母趾になる原因の1つとして、高いヒールの靴を履くことが挙げられます。足部の前側に体重を乗せ、足指を反らすようにして立つため、指の関節に過度に圧力がかかってしまうのです。

 

その状態で歩くと、指を曲げる筋肉が使えなくなり、足の横幅が広がってしまいます。こうした状態の足を「開張足」といいます。

 

足の横幅が広がると、親指を曲げたり伸ばしたりする筋肉が、弓の弦のように引っ張られてしまうため、親指が内側に曲がり、捻れも発生し外反母趾になってしまうのです。

 

外反母趾はヒールをよく履く女性に多く見られる症状なのですが、根本的な原因は「足部アーチの崩れ」や「足の骨格の歪み」なので、ヒールを履かない方や男性でも外反母趾になることがあります。

 

外反母趾を疑ったら、まずは足の指を曲げてみましょう。

 

足でジャンケンのグーをするように曲げられない方は、指を曲げる筋肉が弱ってしまっている可能性があります。

 

もちろん、外反母趾であっても足でグーを作ることは可能です。

 

しかし、外反母趾の方はほとんどが開帳足であり、足裏のアーチに崩れや歪みがあるため、地面を蹴り出す力が弱くなっていることが多いのです。

 

このように、足部のアーチが崩れ、力が弱まった状態で歩行すると、内側に曲がって捻じれた指の動きは、ますますひどくなってしまいます。

 

そのため、親指が本来曲がるべき方向に曲がらず、関節が地面に当たることで、痛みが発生するのです。

 

 

◆外反母趾セルフチェック法

それではここで、誰でも簡単にできる、外反母趾のチェック法をご紹介します。自分の足の状態を確認しましょう。

 

1.靴底のすり減り方に、左右差がある

靴の内側・外側のどちらかが激しくすり減ってはいませんか?左右差があるのは、体が歪んで重心が偏っているか、歩き方に問題があります。

 

内側にすり減っている場合、内側に重心が偏っており、偏平足や外反母趾原因になります。

 

逆に外側がすり減っている場合、外側に重心が偏っており、甲高になりやすくなります。

 

2.片足立ちが不安定

片足立ちを1分以上できない方は、足のアーチが崩れ、足の力を発揮できていない可能性があります。

また、筋力不足や、バランス感覚の衰えの可能性もあります。

 

3.足裏にタコや魚の目がある

足に合わない靴を履いていたり、足の変形や骨格に歪みが生じているサインです。

 

 

上記1つでも当てはまる方は、外反母趾もしくは外反母趾予備軍といえます。

 

また、いずれも当てはまらないという人でも、油断は禁物です。普段の何気ない姿勢やクセが原因で体が歪んでしまうと、気づかないうちに外反母趾のリスクを高めてしまいます。

 

 

◆一般的な治療法と東葉コンディショニングの考え方

一般的な外反母趾の治療は、シップや痛み止めを使い、まずは炎症を抑えます。

 

そして、医療用インソールを用いて足アーチを支えます。初期症状であれば、足に合った靴とインソールを使うだけで、足の変形を食い止めることが出来ます。

 

ただし、インソールでアーチが元に戻るわけではないので、基本的にずっと使い続けることになります。

 

足が大きく変形したり、歩行に困難をきたすなど、重症化している場合は手術を検討します。

 

 

東葉コンディショニングでは、外反母趾や偏平足などの、足の不調を引き起こす多くの症状に共通する「足のアーチの崩れ」を重視しています。

 

そのため、足部の痛みや不具合を解消していく手順として、最初に足のアーチを正しい位置に戻していきます。

 

足のアーチを作るためには、「立方骨」という骨を中心に調整します。

 

 

足の中心近くにある立方骨が下方向に落ちてしまうと、足のアーチは崩れてしまいます。

 

そのため、立方骨を挙上させ、その隣にある骨(楔状骨)のねじれを解消させることで、足のアーチを正しい位置に戻し、連結を改善することができるのです。

 

足のアーチや連結が整うことによって下腿全体のバランスも改善され、足の不調だけでなく、膝痛や股関節痛、腰痛の解消や予防につながるのです。

 

東葉コンディショニングでは、足のアーチの要となる立方骨を下から支え、重心を安定させ、足部の機能を最大限に引き出すインソールも販売しています。

 

インソールの詳細はコチラから↓

 

 

 

◆外反母趾の予防・改善ストレッチ

外反母趾の予防・改善に役立つ、ご自宅でもできるストレッチをご紹介します。

 

<正しい立ち方>

https://youtu.be/FrpVA1KcGv

 

<足のアーチ調整>

・かかと捻じりエクササイズ

・立方骨持ち上げエクササイズ

https://youtu.be/xPhsxNoshD

 

・楔状骨内方化エクササイズ

https://youtu.be/YznQNL3VhZ

 

・指趾伸展ストレッチ

https://youtu.be/MWY-fAt2F7

 

この4つのエクササイズで、自分で足のアーチ調整をして、予防・改善に役立ててください。

 

 

◆まとめ

足に痛みがあると、「歩きたくない」「出かけられない」など、行動を制限せざるを得ない状況になることもあります。

 

特に、お仕事などで痛くてもヒールを履かなくてはならない環境下にある方は、痛みが増すばかりです。

 

既に外反母趾と診断されている方、その他、偏平足や足部の症状を予防・改善したいという方は、お気軽に整体院東葉コンディショニングまでご相談ください。

 

Writer

小橋 悟

【資格】
・ 脳と身体の整体療法「QPR法上級認定」
・ ブレイン&ボディバランス研究所  会員
・ NPO法人日本心理カウンセラー協会 会員

子供の頃から母親のカラダの不調を見ていて、 施術家の道を志す。
現在は、月間約400回の施術をしながら、八千代院の院長を務めている。

ここまで磨き上げてきた施術技術・知識に加え、優しい人柄で、来院者さんからの信頼も厚い。

当社が開催するトップランナー整体実践塾やQPR法ベーシック講座、センターラインインソール資格取得セミナーなど、同業の治療家に対しての技術講師も担当している。

その功績を認められ書籍「腰痛解消!神の手を持つ12人 令和元年版」の1人に選ばれる。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事