縮んだ身長を整体で改善する

整体施術の現場にいると、来院者さんと身長の話に良くなるのですが、「先生!〇年前より身長が〇センチ縮んだわ」「会社の健康診断のたびに 身長が縮んできてるよ!」なんて話をよく聞きます。

 

身長は、男女ともに30歳頃から縮み始め、加齢とともにその速度は加速すると言われています。

 

身長が縮むのは、ある程度は加齢に伴う自然なことなのでしょうがないとは言え、やっぱり嫌ですよね。

 

そこで今回は、身長とカラダの歪みについて書いていきたいと思います。

 

 

 

◆身長の縮みと病気のリスク

姿勢不良や加齢により、背中が丸くなって頭が前に出てきたり、足がO脚になったり、背骨が詰まってきたりすると、当然身長は低くなるのですが、そのようなカラダの歪みやねじれがひどくなると、腰痛や肩こり、膝・股関節・首などの痛みを引き起こす原因になります。

 

また、急速に身長が縮むような人は、骨粗鬆症になっている場合もありますので、医療機関を早めに受診することをオススメします。

 

一方、英国の研究では、身長の縮みと死亡率とは密接な関係があると示し、身長が3センチ以上縮んだ方は、縮みが1センチ未満だった方と比べ、死亡リスクが64%高く、心疾患、呼吸器疾患になるリスクが高くなると述べています。

 

健康管理をする上で、食事に気を付け栄養や体重を意識している方は非常に多いですが、身長を意識することも実は大切なんですね。

 

 

◆カラダの歪みを測定する

身長が縮む原因は、骨や筋肉、関節の加齢が原因だったり、姿勢不良によるカラダの歪みが原因だったりしますが、ここではカラダの歪みにフォーカスしたいと思います。

 

身長が縮む原因になるカラダの歪みですが、カラダの歪みは無いほうが良いとわかっていても、今どのように歪んでいるのか、自分自身ではわからないという方も多いと思います。

 

そこで、整体院東葉コンディショニングでは「ボディコンシェルジュ」というカラダの歪み測定器を用いて来院者さんとカラダの歪みの状態を共有して います。

 

この測定器は、カラダのゆがみやねじれを測定し、立体的にカラダの状態を映し出してくれる優れものです。

 

カラダがゆがんでいることによって、どこの筋肉が常に収縮し、どこの筋肉が常に伸ばされているかもわかります。さらにちょっと怖い話ですが、このままいくと5年後自分の姿勢が どうなるかの予想図も表示されます。

 

 

たばこを吸っている人に、「肺が真っ黒になるよ」と言っても、あまり実感がわかないようですが、レントゲン写真などで実際に黒くなっている肺を見せるとショックを受けるようです。

 

同じように、口で「姿勢が悪い」「カラダがゆがんでいる」等と言われても中々ピンと来なかったものが、さすがに画像で見ると自分のカラダの状態がよくわかります。多くの方がその格好の悪さにちょっとショックを受けられるようです。

 

姿勢が良いと診断されれば、そのままの良い状態を維持しなくてはと思うでしょうし、悪いと診断されればもっと日頃から姿勢に気を付けて、 将来健康に過ごすための工夫をしなくてはいけないと思いますよね。

 

以前測定したプロのミュージシャンの方からも、「音楽は数値で判定することはできないが、ボディコンシェルジュは数値で良し悪しが出てくるので姿勢を良くしようというモチベーションが上がる」と言って頂きました。

 

健康づくりのためには、カラダを歪みの状態を客観視出来るように測定し、自分自身の「真実」と向き合うことから始めることが必要です。

 

 

◆整体でカラダの歪みを解消し縮んだ身長を改善する

それでは次に、整体院東葉コンディショニングの姿勢に対する考え方と、姿勢を整える整体施術方法の一部をご紹介します。

 

人間の身体バランスは、ダルマ落としゲームのように、どこかが右にずれると、どこかが左にずれ、どこかが前に出ると、どこかが後ろに出て、倒れないようにバランスを保っています。

 

 

人間の身体は下から、足、膝、股関節、骨盤、脊椎、胸郭、頭とつながっていきますが、どこかが歪んでいると、他の部位が歪んでバランスを取っています。

 

 

例えば、座る姿勢にクセなどがあり骨盤が歪んでいると、その上にある腰椎や胸椎、胸郭も歪んでバランスを取ります。その結果、周囲にある筋肉や関節に過度な負担がかかり続け、動きが悪くなっていきます。

 

本来真っ直ぐであるべきものが、歪んで曲がった状態になるので、当然身長も縮みます。

 

整体院東葉コンディショニングでは、独自の整体理論に基づき、カラダ全体の歪みや筋肉、関節の状態を見極め、全身の骨格バランスを整えていきます。

 

それでは、カラダのゆがみを根本的に解消するための、整体施術方法の一例をご紹介します。

 

 

  • ●脊柱の生理弯曲の正常化

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、脊柱の生理弯曲の正常化を図るため、写真のように施術台に上半身の半分程度が乗るように、四つん這いの姿勢になってもらいます。

 

四つん這いの姿勢をとることで、内臓から骨盤に掛かる圧迫を一時的に緩和することができ、骨盤周りの調整や生理弯曲の形成が行いやすくなります。

 

⚫骨盤調整シムス位

 

うつぶせで脚を開いた状態にし、骨盤をゆっくり揺らしていきます。左右同じようにおこなうことで、骨盤のゆがみが整えられていきます。この手法で、骨盤のゆがみを整え背骨の動きを改善し、さらに腰背部の筋肉の緊張をとっていきます。

 

 

  • ●胸郭調整

 

胸郭のゆがみは、胸郭の上に乗る頸部から頭部のバランス不良を招いたり、肩甲骨や肩関節、腰部や股関節の動きを制限します。あお向けになり、肋骨付近に手を触れて優しく揺らします。

 

こうすることで胸椎(脊柱の一部)、胸骨、肋骨からなる胸部を整えます。胸郭とは、胸椎(脊柱の一部)、胸骨、肋骨からなる胸部の骨格のことをいい、骨盤とともに体幹部を構成しています。

 

家に例えると胸郭は屋根、骨盤は土台、その間にある脊椎が大黒柱に当たります。胸郭である屋根が歪むと、大黒柱である脊椎も歪み、過度な負担になります。

 

この胸郭のゆがみを解消し、脊椎全体への過剰な負担がかからないようにしていくことは、カラダのバランスを整え安定させていく上で、とても重要になります。

 

 

◆カラダの歪み解消!自分でできるエクササイズご紹介

ここで、姿勢改善に役立つエクササイズを動画でご紹介します。

 

【足組みゆらゆら骨盤調整】

<効果>

・骨盤の歪み矯正

・背骨の歪み矯正

・腰痛の緩和

・腰部可動域改善

 

 

 

【骨盤コロコロストレッチ】

<効果>

・骨盤の歪み調整

・股関節の可動域改善

・腰、股関節の連動向上

 

 

【シムス位エクササイズ】

<効果>

・骨盤、背骨の歪み矯正

・首、肩周り、腰背部の緊張緩和

・股関節、肩甲骨の柔軟性・可動域改善

 

 

 

~注意点~

*痛みのない範囲で!

痛いことはなるべくしない方が、早い症状回復が見込めます。普段から痛い姿勢や動作は避けるようにしましょう。我慢してやる必要はありません。

*適度な回数で!

たくさんやればやるほど、良くなる訳ではありません。1回やって、次に行うまでは30分以上あけ、1日数回に分けてやる方が効果的です

 

 

 

◆健康・美容管理に姿勢改善プランを!

ここまで、身長とカラダの歪みの関係や整体施術・エクササイズについて書いてきましたが、いかがでしたか?

 

整体施術を定期的に受け、適度な運動をし、日頃の姿勢にも気をつけて生活を送っていると、縮んだ身長を改善したり、または、身長が縮まない予防になります。

 

健康面・美容面で良い状態を作っていくために、カラダの歪みを計測して、ご自分のカラダのバランスを整える姿勢改善プランを立てることをオススメします。

どこか良い整体院はないかとお探しの方は、ぜひ一度東葉コンディショニングにご相談頂ければと思います。

 

 

整体院東葉コンディショニングの店舗一覧は、こちらをクリック!

 

 

 

 

Writer

小橋 悟

【資格】
・ 脳と身体の整体療法「QPR法上級認定」
・ ブレイン&ボディバランス研究所  会員
・ NPO法人日本心理カウンセラー協会 会員

子供の頃から母親のカラダの不調を見ていて、 施術家の道を志す。
現在は、月間約400回の施術をしながら、八千代院の院長を務めている。

ここまで磨き上げてきた施術技術・知識に加え、優しい人柄で、来院者さんからの信頼も厚い。

当社が開催するトップランナー整体実践塾やQPR法ベーシック講座、センターラインインソール資格取得セミナーなど、同業の治療家に対しての技術講師も担当している。

その功績を認められ書籍「腰痛解消!神の手を持つ12人 令和元年版」の1人に選ばれる。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事