ピッチャーの股関節痛は整体で解決!

 

ピッチャーにとってカラダの柔軟性はとても重要ですよね。

その中でも、股関節の柔軟性はピッチングのパフォーマンスにも大きな影響を与えます。

 

しかし、ピッチングの中でも足周りは負担が大きく、疲労が溜まってくると痛みを引き起こすこともあります。

 

股関節の痛みを抱えたままピッチングを続けると、肩・肘、腰にまでも痛みを引き起こすこともあります。

 

今回はピッチャーの股関節痛の原因と、整体施術の説明、オススメの整体ストレッチを紹介していきます。

 

 

 

【目次】

 

 

◆股関節痛の原因とは?

股関節は、普段立つとき、歩くときの動作で足を上げたり伸ばしたりと、重要な働きをします。

ピッチングでは、立つときのバランス、体重移動時の沈み込み、下半身の回旋運動などの役割があります。

 

股関節痛の原因は、下肢アライメントの崩れと疲労による筋肉硬直よって可動域が狭くなり、負担が掛かりやすくなることだと考えられます。

 

「下肢アライメント」とは、下肢の本来あるべき構造のことを指します。

 

下肢アライメントの崩れとは、膝や股関節などの構造が悪くなっていることを示します。

 

下肢アライメントが崩れると、下肢の歪みが起こり、筋肉の使い方のバランスが悪くなります。

 

その結果、骨格でうまくバランスを取れなくなってしまい、その分筋肉の疲労も高めてしますのです。

 

こうした負担が蓄積されることで、筋肉が固くなり、可動域も狭まります。

 

股関節が固く動きが狭くなった状態でピッチングを繰り返し行うと、足周りの筋肉に強く負担が掛かり、股関節痛を引き起こすことになります。

 

 

 

◆ピッチャーの股関節痛は肩肘にも影響!?

ピッチングの動作は、地面からエネルギーを吸い上げて、下半身から上半身へと力を伝える全身運動です。

 

そのため、下半身から多くエネルギーを吸い上げ、力を生み出すことができれば、速い球を投げることができるのです。

 

股関節の柔軟性が増すことで、可動域が広がりますので、

・足を高く上げることができ、体重移動時に勢いをつけられる
・体重移動時のタメができる
・歩幅が広がり、股関節の強い回旋を生み出すことができる

といったことが可能になり、速い球が投げられるようになります。

 

しかし、股関節の動きが悪い状態だと、

・足を上げた時のバランスが悪くなる
・体重移動時のタメができない
・歩幅がせまくなってしまう
・下半身の投球方向への回旋の動きが少なくなってしまう

といったことが起きますので、上半身にもうまく力を伝えられません。

 

このような状態でピッチングを続けると、股関節痛を引き起こすのはもちろんですが、肩や肘、腰にも痛みを引き起こしてしまいます。

 

可動域が狭まっていたり、痛みがある状態でピッチングを続けてしまうと、下半身からの力が上半身に伝えられません。

そうなると、上半身で力を補おうと、腰を強くひねるような動きになったり、腕を振ろうと上半身に力みが出てしまいます。

 

こうした、上半身主体のピッチングフォームになってしまうと、速い球を投げられなくなる上、肩・肘や腰の負担も大きくなってしまい、故障の原因になってしまいます。

 

このように、ピッチャーにとって股関節の動きは速い球を投げるため、また怪我予防に大きく影響を与えますので、股関節の柔軟性を付けていくことが重要だと言えます。

 

股関節の固さが原因で起こる腰痛と野球肩についての記事もありますので、あわせて読んでみてください。

 

【野球選手必見】ピッチャーの腰痛は股関節、体幹部に原因あり!

【野球選手必見】ピッチャーの腰痛は股関節、体幹部に原因あり!

 

野球の投球動作による肩の痛みを整体で解決!

野球の投球動作による肩の痛みを整体で解決!

 

 

◆股関節に対する整体施術

整体院東葉コンディショニングでは、股関節痛に対してカラダ全体の歪みや筋肉、関節の状態を見極めて整体施術を行います。

 

股関節痛を根本的に治すには、症状が出ている股関節ばかりを見るのではなく、カラダ全身の歪みを整えていく必要があります。

 

そうすることで、股関節周辺の関節や筋肉への過度な負担が減り、痛みの症状、可動域を改善していきます。

 

それと同時に早期回復、再発予防のためにも、日常の姿勢改善や正しいカラダの使い方を覚えるなどの、生活習慣を変えていくことも重要になります。

 

整体院東葉コンディショニングの股関節痛に対する詳しい施術方法はコチラから↓

https://toyoconditioning.com/kokansetsutsuu/

 

 

 

◆股関節の可動改善!オススメ整体ストレッチ

ここで、股関節痛の方にオススメの整体ストレッチをご紹介します。

 

誰でも簡単にできるストレッチで、股関節の可動改善にも効果的ですので、しっかり習慣化していきましょう!

 

・骨盤コロコロストレッチ

【効果】

骨盤の歪み調整

股関節の可動域改善

腰、股関節の連動向上

https://youtu.be/qWPd3bibKpY

 

 

・シムス位エクササイズ

【効果】

骨盤・背骨の歪み矯正

首・肩周り、腰背部の緊張緩和

股関節・肩甲骨の柔軟性、可動域改善

https://youtu.be/AavwWCLnapM

 

 

・四つんばい股関節伸ばし

【効果】

股関節の歪み・ねじれ矯正

おしり・太ももの緊張緩和

腰痛・股関節痛の緩和

https://youtu.be/5ZcyxPgSiS0

 

 

・ワイパー

【効果】

股関節の歪み改善

股関節周辺の緊張緩和

https://youtu.be/86uyV-oZ1yQ

 

 

◆まとめ

ピッチャーにとって股関節の柔軟性は、怪我予防、正しいピッチングフォームを身につけるためにも必須です。

 

そのため、日頃からトレーニングはもちろん、足周りのストレッチも習慣づけて痛みが出ない状態にしていきましょう。

 

また、股関節痛を我慢したままピッチングを続けてしまうと、股関節だけでなく、肩・肘や腰にまで影響を及ぼしますので、無理せず練習を休むようにしましょう。

 

整体院東葉コンディショニングには、ピッチャー経験豊富なスタッフが在籍しております。

 

なかなか股関節痛が解消されない、股関節が固く思うようなピッチングができないという方は、是非一度ご相談ください!

 

Writer

福士 翼

●福士翼
【資格】
・脳と身体の整体療法「QPR法上級認定」
・ブレイン&ボディバランス研究所 会員

整体院東葉コンディショニング東京院・八千代院勤務

小学校4年生から野球を始め、中学3年生の時にエースとして全国大会に出場。
高校は福島県の強豪「聖光学院高校」で投手としてプレー、在学中甲子園に5回出場を果たす。
そんな中、高校時代は肘痛や股関節痛、疲労骨折など、度重なる怪我で苦しんだ経験を持つ。
その後、自分と同じ思いをした人々の力になりたいと整体師を志す。
現在は、「痛みに苦しむことなく、日々笑顔で過ごして欲しい」という想いで、
月300回以上の整体施術を行う。
また、野球を長くやってきた経験を生かし、野球関連のブログ記事作成を担当している。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事