内反小趾の痛みは整体で改善!

 

皆さんは「内反小趾」をご存知ですか?

 

足の親指が痛む「外反母趾」は聞いたことがあっても、小指が痛む「内反小趾」は聞いたことがない方が多いかと思います。

 

そこで今回は、内反小趾の解説と対策についてご紹介します。

内反小趾の予防・改善ストレッチもご紹介していますので、最後までぜひご覧ください。

 

 

 

【目次】

 

 

◆内反小趾とは

内反小趾を知らない方のために、まずはその症状や原因について解説していきます。

 

「足部のアーチの崩れ」や「足の骨格の歪み」があり、その中でも特に『足の小趾(小指)のつけ根が外側に曲がり変形した状態』を内反小趾と言います。

 

 

変形した小趾(小指)が靴に当たると、その部分が炎症を起こし、タコやウオノメができることもあります。

 

こうした内反小趾を原因とする足部の痛みを放置すると、強い痛みから歩行困難になるだけでなく、身体のバランスを悪くし、腰や膝などの他の部位に痛みを引き起こす場合もあります。

 

 

◆内反小趾の原因

内反小趾になる原因としては、高いヒールのような「足への負担が大きい靴を履く」ことが挙げられます。

ハイヒールは、足部の前方に体重をかけ、足の指を反らしながら立つため、足指の関節に過度に圧力がかかる靴です。

 

 

しかし、足部のアーチの崩れや足の骨格の歪みの根本的な原因は、「足の指を使わない歩き方」の習慣化であるため、ヒールを履かない方や男性でも内反小趾になることがあります。

 

こうした足指を使わない歩き方は、開張足(5本の指のつけ根を横に結ぶアーチの形が崩れて、足の指が横に広がってしまう状態)になりやすく、外反母趾や内反小趾の発症へと繋がるのです。

 

 

◆一般的な治療法と整体院東葉コンディショニングの考え方

内反小趾の一般的な治療としては、痛み止めの内服薬や湿布の使用や、患部にパッドを当てて靴を履いたときの痛みを軽減させる、炎症を起こしている場合は冷却する、などがあります。

 

 

また、重度の場合は骨を切って変形を矯正し、ボルトやネジで固定するような、外科的手術を勧められることもあります。

 

これに対して東葉コンディショニングでは、内反小趾による痛み改善のために、足の不調を引き起こす多くの症状に共通する「足のアーチの崩れ」の改善を重要視しています。

 

 

足部は、横から見たときアーチ状になっており、歩く、走るなどの運動機能は、土踏まずのアーチが担っています。

 

そして、土踏まずのアーチには
・内側縦アーチ 
・外側縦アーチ
・横アーチ

 

の3つがあり、このアーチには、

第1の機能:立った状態で姿勢をしっかり保持し安定させる機能。
第2の機能:歩行やランニングなどの運動の際に、 動く力を地面に確実に伝える機能。
第3の機能:クッションのように働くことで、過度の力を緩和し衝撃を吸収する機能。

といった、非常に大切な3つの役割、機能があります。

 

この足のアーチが崩れると

・身体を支える安定力の低下
・衝撃吸収力の低下
・運動能力の低下

につながり、内反小趾、外反母趾を始め、骨格の歪みや関節の変形、筋肉疲労など、様々な症状に影響を及ぼします。

 

そこで重要になるのが、足のアーチを正しく整えるために「立方骨」という骨を中心に、足部を矯正していくことです。

 

こうしてアーチを整えることによって、立ち姿勢の安定や正しく効率の良い動きが出来るようになり、下肢全体のバランス改善がなされると、内反小趾や外反母趾などの足の不調が改善していくのです。

 

尚、東葉コンディショニングでは、足のアーチの要となる立方骨を下から支え重心を安定させ、足部の機能を引き出すインソールを販売しています。

 

インソールの詳細はコチラから↓

 

 

◆内反小趾セルフチェック&予防・改善ストレッチ

ではここで、内反小趾のセルフチェックをしてみましょう。

あなたはいくつ当てはまりますか?

 

□小指のつけ根が外側に出っ張っている
□小指が親指の方に曲がっている
□小指のつけ根が痛い
□小指のつけ根が腫れて赤くなっている
□小指の爪が第4指(薬指)に食い込んで痛い
□小指の外側に魚の目やたこができる

 

一つでも当てはまると内反小趾になっている可能性が大です。

内反小趾の予防・改善に役立つ、ご自宅でもできるストレッチをご紹介しますので、無理をせず、毎日少しずつ続けましょう。

 

当てはまるものがなかった方も、安心しきるのではなく、予防として行うことをオススメします。

 

<正しい立ち方>

まずは正しい立ち方を覚えて、足裏への負担を減らしましょう。
https://youtu.be/k5XqBkLgicQ

<足のアーチ調整>

立ち方を覚えた後は、下記のエクササイズを行うことで、足のアーチを整えることができます。

 

・かかと捻じりエクササイズ

https://youtu.be/1HTJz0_oU7w

 

・立方骨持ち上げエクササイズ

https://youtu.be/YsQfW4_ZNUk

 

・楔状骨内方化エクササイズ

https://youtu.be/xh_NiFlryBU

 

・指趾伸展ストレッチ

https://youtu.be/hI5KK7r73RM

 

内反小趾の痛みを改善させるために、まずは正しい立ち方を身につけ、足のアーチを作っていきましょう。

 

 

◆まとめ

足の痛みが悪化し歩行が困難になると、外出も億劫になり、気分も落ち込んでしまいますよね。

 

当整体院にはあなたと同じように内反小趾、外反母趾、足底筋膜炎などの足の症状でお悩みの方が多数来院されています。

 

一人で悩まず、ぜひお気軽に整体院東葉コンディショニングにご相談ください。

 

Writer

小橋 悟

【資格】
・ 脳と身体の整体療法「QPR法上級認定」
・ ブレイン&ボディバランス研究所  会員
・ NPO法人日本心理カウンセラー協会 会員

子供の頃から母親のカラダの不調を見ていて、 施術家の道を志す。
現在は、月間約400回の施術をしながら、八千代院の院長を務めている。

ここまで磨き上げてきた施術技術・知識に加え、優しい人柄で、来院者さんからの信頼も厚い。

当社が開催するトップランナー整体実践塾やQPR法ベーシック講座、センターラインインソール資格取得セミナーなど、同業の治療家に対しての技術講師も担当している。

その功績を認められ書籍「腰痛解消!神の手を持つ12人 令和元年版」の1人に選ばれる。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事