腰痛は冷えで悪化する!?【原因と対策】

寒い季節や夏場クーラーにあたりすぎて、腰をはじめ体が「冷えたかなぁ」と思うことありませんか?

 

多くの人が経験している腰痛には、実は「冷え」が大きく関係しています。特に、「お風呂に入ると腰痛が楽になる」という方は、冷えが原因の腰痛である可能性が高く、冷えると悪化することが考えられるのです。

 

ではなぜ、冷えで腰痛が悪化するのでしょうか。その原因と対策をご紹介していきますので、ぜひご参考にしてください。

 

 

【目次】

 

 

◆なぜ冷えると腰痛が起こるの?

「冷えると腰痛が起きる」方は、血行不良である場合が多くあります。

 

人間を含めた多くの恒温動物は、一定の体温を保とうとするため、寒いと体温低下を防ぐために筋肉を拘縮させたり、震えることで体温を上げようとします。

これは本能的な働きですが、さすがに長時間続いてしまうと、筋肉には疲労が溜まります。疲労が溜まり過ぎると筋肉の固さが増し、血行不良を引き起こすのです。

 

腰痛と血流について詳しくはコチラ↓

血流の滞りが腰痛の原因に……?その正しい改善方法とは?

 

 

血行の悪さに影響を与えるのは、筋肉の固さだけではありません。

実は、血管は体温を一定に保つために環境に応じて太さを変え、血流量をコントロールしているのです。

 

暑いときは、体の表面に近い細い血管を大きく広げて、血液を多く流して熱を効率的に身体の外へ逃がします。

逆に、寒いときにはこの血管を縮めて、血管内を流れる血液を減らすことにより、できるだけ熱が身体の外へ逃げないようにしているのです。

 

 

「筋肉の疲労→筋肉が硬くなる→血行不良→冷える→筋肉が硬くなる→……」という悪循環が出来てしまうと、ただでさえ疲労で硬くなった筋肉が、さらに冷えによって硬さを増してしまうため、体を動かした際に痛みが出るなど、腰痛が悪化してもおかしくありません。

 

また、筋肉には伸び縮みすることで心臓に血液を送る、「筋ポンプ」の役割もあります。その筋肉が硬くなり、ポンプの働きを充分に果たせなくなると、全身の血流も滞りやすくなってしまうのです。

 

腰痛になる人の多くは、仕事や自宅で座りっぱなし、立ちっぱなしの生活をしています。私たちは、常に重力の影響を受けているので、いくら楽な姿勢でも、長時間同じ姿勢を続けていると、体の同じ部分にずっと負担がかかってしまいます。

 

ただ単に冷えただけなら、腰痛を引き起こす可能性はそれほど高くはありませんが、日頃の疲労の蓄積などの「+α」が多いほど、痛みを生じやすくさせるのです。

 

 

◆冷えが原因の腰痛対策

腰痛の原因が冷えである場合は、日頃から冷え対策をすることが大切です。

腰痛悪化を防ぐ、具体的な対策を見てみましょう。

 

1.入浴

汗をかくからと、シャワーで済ませてしまう方も多いのですが、1年を通して湯船に浸かることをオススメします。

 

39~40℃のお湯に、約15~20分浸かりましょう。

体を温めてくれるのはもちろんのこと、リラックス効果もあるので、より筋肉の硬さが取れ

やすくなります。

 

また、浮力によって身体にかかる重力が少なくなるため、関節などへの負荷を減らすことができます。

 

*長い間入っているのが苦手な方は、できる範囲でかまいません。

 

 

2.ストレッチ

入浴で筋肉の硬さをとったら、お風呂上りにストレッチをしましょう。

身体が芯から温まった状態では、筋肉に柔軟性が生まれ、筋ポンプのはたらきにより、さらに血行が良くなります。

 

座り仕事や立ち仕事の方は、長時間同じ姿勢でいることが多いため、定期的に身体を動かすように意識することが大切です。

 

座りながらできるストレッチもありますので、仕事の合間にぜひやってみましょう。

 

ストレッチについて詳しくはコチラ↓

https://toyoconditioning.com/stretch_00/

 

 

 

3.睡眠

できるだけ日をまたぐ前に、ベッドに入りましょう。6~8時間睡眠をとれるのが理想といわれていますが、朝スッキリと起きられる時間であれば時間にこだわる必要はありません。

 

ただし、起きる時間が決まっていると生活リズムが整いやすくなり、体へのストレスが少なくなるためオススメです。

 

また、睡眠前にスマートフォンを操作すると、光で興奮して寝つきにくくなってしまいますので、就寝前の使用は控えましょう。

 

 

◆身体の冷え対策

身体を冷やしたくないけどどうしたらいいかわからない方は、こちらの方法を試してみてください。

 

人によって適した方法が異なるので、まずは試してみることをおすすめします。

 

  • 服装

洋服には保温効果があるため、血管が皮膚表面にある部分や、外気との接地面積が大きい皮膚を洋服で覆うことで、身体の熱が放出されないため身体が暖かくなります。

 

特に、血管が皮膚表面にある首元や内もも、足首などを覆うと身体が暖かくなります。これは、自分の体温を外に逃がさないための工夫です。

手首まで覆う長めの手袋や、ネックウォーマー、レッグウォーマーなどで、「首」「手首」「足首」に冷たい空気が入らないようにすると良いでしょう。

 

  • 足湯

上記で、湯船に入ることをご紹介しましたが、日中など湯船に浸かる時間が無いときは、足湯をしてみましょう。

 

全身を温める入浴には劣りますが、足湯も十分効果的な手段です。

手足の温度が上昇すると、血管が拡張されることで副交感神経が優位になり、リラックスした状態を作りだします。また、血管が拡張されることで血液循環も良くなり、全身が暖かくなります。

 

 

 

◆まとめ

「体を冷やさないようにする」のは簡単そうですが、なかなかできていないことが多いかもしれません。とても基本的な事ですが、こうした対策一つ一つの積み重ねが、後々の腰痛のリスクを少なくしてくれます。

 

冷えても痛くないのが普通です。「痛いのは冷えたときだけだから」と軽く考えて放っておくと、冷えに関係なく腰痛を発症するケースが少なくありません。

 

季節に関係なく、1年を通して痛みのない生活を送れるよう、日頃から意識しましょう。

 

 

Writer

小橋 悟

【資格】
・ 脳と身体の整体療法「QPR法上級認定」
・ ブレイン&ボディバランス研究所  会員
・ NPO法人日本心理カウンセラー協会 会員

子供の頃から母親のカラダの不調を見ていて、 施術家の道を志す。
現在は、月間約400回の施術をしながら、八千代院の院長を務めている。

ここまで磨き上げてきた施術技術・知識に加え、優しい人柄で、来院者さんからの信頼も厚い。

当社が開催するトップランナー整体実践塾やQPR法ベーシック講座、センターラインインソール資格取得セミナーなど、同業の治療家に対しての技術講師も担当している。

その功績を認められ書籍「腰痛解消!神の手を持つ12人 令和元年版」の1人に選ばれる。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事