子供に起こりやすい「オスグッド」は整体で解決!

 

成長期の子供は、関節の所々に痛みを引き起こしたりすることがあります。

 

その中でも、走ったりジャンプした時に激しい痛みが出る「オスグッド」と呼ばれる膝の成長痛は、スポーツをやっている子に多くみられます。

 

「成長痛はそのうち治る」と思って痛みを放置していると、膝が曲げづらくなったり、骨が変形してしまう可能性があります。

 

今回は膝の成長痛「オスグッド」の痛みの原因と、整体施術、オススメのストレッチを説明していきたいと思います。

 

 

 

【目次】

 

 

◆オスグッドとは

オスグッドは、正しくは「オスグッド・シュラッター病」と言い、小学校高学年から高校生くらいまで(10歳~16歳)の子どもに多く発症する膝の関節痛です。

 

成長期の子どもがよく発症する症状のため、「成長痛」と呼ばれることも多くあります。

 

サッカーやバスケットボール、陸上競技、テニス、バレー、野球など、足を酷使するようなスポーツを行っている子供に発症しやすく、膝のお皿の少し下あたりがボコッと膨らんで、押したり触ったりすると痛みが出る、また、走ったり、ジャンプしたり、屈伸をするとさらに痛みが激しくなるのが特徴です。

 

症状に個人差はあり、上記のような膝の状態でも「特に痛みはないよ」という人もいますし、歩くことも困難なくらい痛みを訴える人もいます。

 

 

◆オスグッドによる痛みの原因とは

オスグットによる痛みの原因は、運動のし過ぎによる膝に溜まった疲労の蓄積と考えられます。

 

成長期の子供の骨は柔らかく、まだ身体がしっかりできていない時期です。

 

骨の成長に筋肉の成長が追いつかない時期に、激しい運動をし過ぎて(オーバーユース)しまうと、膝の周りや腿の前側の筋肉(大腿四頭筋)の付着部分が引っ張られてしまいます。

 

すると、膝下の骨がボコっと出っ張ったり、筋肉の過度な緊張による疲労を起こします。

 

 

さらに、大腿四頭筋の付着部である、膝のお皿の下(脛骨粗面)から軟骨が剥離(はくり)することで起こるのが、オスグッドの症状です。

 

オスグットは、身体の硬い子供に起きやすいことも分かっており、症状の出ている子は、股関節や腰に、本来の動きをするための柔軟性が不足し固いことも原因の一つです。

 

膝関節だけの問題ではなく、全身の使い過ぎや間違った使い方により、身体が緊張しすぎることで、引き起こされていると考えられます。

 

オスグッドの痛みの症状を緩和させるためには、スポーツなどで使った筋肉をしっかり休ませ、筋肉の過緊張を和らげることが大切です。

 

そのため、運動前後の柔軟・ストレッチはもちろん、15分くらいお風呂にしっかり浸かり、緊張した筋肉を柔らかくしてあげましょう。

 

 

◆オスグッドに対する整体施術

オスグッドの痛み症状は、成長期の子供全員に出る訳ではありません。

 

痛みが出やすい人は、身体の歪みが大きい傾向があります。腿の筋肉が付着している骨盤にズレがあると、膝蓋骨が引っ張られる力が強まり、症状が起こりやすくなるのです。

 

そのため整体施術では、まず使いすぎで固くなってしまった膝周りや大腿部などの筋肉の緊張をとります。

 

図:膝周りの筋肉

 

次に、膝のお皿を引っ張ってしまっている骨盤を正しい位置に調整します。

 

さらに、脛骨(すねの骨)が捻じれると牽引力が増すので、膝から下の部分も膝のお皿と同じ位置に調整します。

 

最後に膝が正しく動くようにし、剥離して傷んでいる場合は、組織の回復を促す手法をかけます。

 

こうして、身体がバランスの良い本来の位置に戻り、膝周辺の関節や筋肉への過度な負担を減らすことで、症状改善に導いていきます。

 

オスグッドの整体施術について詳しくはコチラをご覧ください!

オスグッド症状の改善

 

 

◆オスグッドの症状に効果的な整体ストレッチ

オスグッドの痛みに効果的なストレッチをご紹介します。

ご自宅で簡単にできますので、膝の痛みが気になる方は行ってみましょう。

 

 

足組ゆらゆら骨盤調整

〈効果〉

・骨盤の歪み矯正

・背骨の歪み矯正

・腰痛の緩和

・腰部可動域改善

 

https://www.youtube.com/watch?v=azsOYFtiVik

 

 

シムス位エクササイズ

〈効果〉

・背骨の土台になる骨盤を整える

・首、肩こりの緩和

・猫背の矯正

 

https://youtu.be/AavwWCLnapM

 

 

ハムストリングストレッチ

〈効果〉

・足の疲労緩和

・膝、股関節の柔軟性向上

 

https://youtu.be/OI46Vq0yrG8

 

 

下腿外線矯正ストレッチ

〈効果〉

・下腿の歪み調整

・ふくらはぎやすねの疲労回復

・足のつり、むくみ予防

 

https://youtu.be/ltln-oPQh2g

 

 

◆まとめ

オスグッドの痛み症状の予防には、筋肉の緊張を起こさないようにすることが重要です。

 

筋肉の柔らかさは、スポーツのパフォーマンスにも大きく関わってきます。

 

スポーツを行った後のケアを怠ると、筋肉の緊張が強くなり、痛みを引き起こしやすくなりますので、欠かさず行うようにしましょう。

 

オスグッドの痛みの症状が改善されないという方は、是非一度整体院東葉コンディショニングにご相談ください!

 

Writer

小橋 悟

小橋 悟

【資格】
・ 脳と身体の整体療法「QPR法上級認定」
・ ブレイン&ボディバランス研究所  会員
・ NPO法人日本心理カウンセラー協会 会員

子供の頃から母親のカラダの不調を見ていて、 施術家の道を志す。
現在は、月間約400回の施術をしながら、八千代院の院長を務めている。

ここまで磨き上げてきた施術技術・知識に加え、優しい人柄で、来院者さんからの信頼も厚い。

当社が開催するトップランナー整体実践塾やQPR法ベーシック講座、センターラインインソール資格取得セミナーなど、同業の治療家に対しての技術講師も担当している。

その功績を認められ書籍「腰痛解消!神の手を持つ12人 令和元年版」の1人に選ばれる。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事