妊娠中にこそ必要!骨盤矯正は整体院東葉コンディショニングへ

妊娠した女性にとって「骨盤矯正」が必要なタイミングっていつだと思いますか?

 

多くの方は、産後の骨盤矯正を意識しているようですが、新しい家族を迎える出産予定日を、期待と不安を胸に指折り数えている今だからこそ、考えたいのが「妊娠中の姿勢と骨盤矯正」です。

 

あなたの姿勢や骨盤の状態によっては、難産に繋がる可能性があるかもしれません。

 

そこで今回は、良い出産を迎えるために必要な、妊娠中からの姿勢ケアのお話です。

 

 

 

【目次】

 

 

 

◆妊娠中の痛みや不調、安静にしていれば良くなるの?

妊娠中に頭痛や腰痛で病院に行っても、処方された薬の服薬をためらう事ってありませんか?

 

また、つわりをはじめ、腰やそけい部の痛み、頭痛やダルさなど、妊娠時期には特有のカラダの痛みや不調が出やすく、どうしたら良いのかわからず困っている方は多いのではないでしょうか。

 

けれども、できれば薬は飲みたくないし、マッサージや整体は妊婦さんお断りのところが多いし……と、仕方なく安静にして我慢している方はかなり多いと思います。

 

そもそも痛みや不調とは、カラダが発しているSOSサインです。つまりカラダが、「この痛み、この不調、何とかしてくれないとカラダがもたないよ~」と叫んでいるのですね。

 

ですから妊娠中であれば、赤ちゃんの成長のためにも、尚更痛みや不調を取り除いてあげる必要があります。

 

そのためにできることとして、骨盤矯正をはじめとする整体施術で、薬を飲まずに痛みや不調を改善させることを考えてみましょう。

 

 

◆妊婦さんのほとんどが反り腰!?

妊娠6ヶ月頃になると、お腹のふくらみは見た目にもハッキリわかるようになってきます。

 

お腹が大きくなるということは、「重くなる」ということ。この時、お腹はカラダの前方に突き出すように位置しています。つまり重心がカラダの前側に掛かるということです。

 

そのままだと前に倒れてしまいますので、無意識のうちに腰を反らすことで、重心を真ん中に戻しているのです。

 

 

ちなみに、こうした姿勢は多くの場合、赤ちゃんの抱っこのために産後も続きます。生まれたての赤ちゃんは3kg前後ですが、1歳になる頃には平均体重は10kg弱程度になります。

 

日々10kgを抱えて無理な姿勢をする……。考えただけでも、腰が痛くなりそうですね。

 

反り腰の姿勢でいると、腰回りの筋肉を必要以上に使うため、腰への負担も大きくなります。さらに、妊娠中にはお腹の重みも加わるため、腰痛になっても何の不思議もありません。

 

また、強い反りの角度が椎間板にかかる圧を大きくしてしまい、椎間板ヘルニアの発症リスクが高まったり、股関節への負担が増えることで、骨盤のゆがみや股関節の痛みを誘発する恐れもあるのです。

 

 

◆難産になりやすい恐怖の反り腰

 

とはいえ、反り腰でも痛みや不調がない方もいらっしゃるでしょうし、特に不具合がなければ「まぁいいか」と済ませてしまいがちなのが姿勢です。

 

でも実は、反り腰が原因で難産になることもあるのです。

 

腰の反りが強いと、骨盤とその内部の子宮は前側に傾きます。

 

すると、子宮の出口付近(子宮頚管)から産道(膣)にかけてが、大きな曲道になってしまうのです。赤ちゃんは、分娩時にカラダを回旋させながら産道を通りますが、産道が曲がっていては、スムーズに進めません。

 

場合によっては、赤ちゃんの頭がお母さんの尾骨に引っかかるなどして、思うように分娩が進まなくなってしまう可能性もあるのです!

 

反り腰であるために難産になってしまうと、ママだけでなくお腹の赤ちゃんにまで大きな負担がかかってしまいます。おなかが大きくなると、つい反り腰になりがちですが、十分にに注意してください。

 

 

◆出産の痛みが和らぐ、骨盤の動き方?

 

それでは、妊娠中には骨盤のどの部分がどのように動き、広がっていくかを確認してみましょう。

 

骨盤は、腸骨・坐骨・恥骨が互いに融合した「寛骨」と、「仙骨」が組み合わさってできています。

 

 

女性が妊娠すると、赤ちゃんの成長とともに「恥骨結合」が開いていきます。そして、その開きに合わせて「寛骨」と「仙骨」のつなぎ目にあたる「仙腸関節」が角度を変えていくのです。

 

さらに、それは出産時に最大にまで開くことで、赤ちゃんが通る道ができるのです。

 

では、その開いていく骨盤に歪みがあったら、どんなことが起こるのでしょうか?

 

骨盤に歪みがあると、当然その中にある内臓(子宮)はあるべき場所に位置することができず、内臓(子宮)自体にも歪みが生じてしまいます。

 

赤ちゃんは、お母さんのお腹の中でどんどん育ちますが、歪みのある子宮で育つのでは窮屈で、赤ちゃんにとっては負担になります。

 

また出産時は、歪んでねじれた状態の骨盤をギシギシさせながら開いていく……。ちょっと想像しただけでも、苦しそうですよね。

 

良い出産を迎えるためにも、妊娠中からの骨盤矯正が大切なことがわかりますね。

 

 

◆産後の痛み予防は妊娠中から!

 

骨盤のゆがみは、あなたの人生の軌跡そのもの。ですから、今までどのようなカラダの使い方をしてきたかが、すぐにわかってしまいます。

 

生きてきた年数分だけ、強くカラダにクセづいている歪みですから、産後にちょっと骨盤矯正をしたくらいでは、なかなか整わない部分もあります。

 

つい足を組んでソファに座ってしまう方は、産後もきっとその姿勢で授乳をするでしょう。

 

床に座るときはいつも横座りという方は、そうやっておむつ替えをすると思います。

 

これではせっかく骨盤矯正をしても、すぐに元の木阿弥ですよね。

 

こんなもったいないことにしないためにも、出産前のまだ余裕のある時期から、少しずつカラダの使い方のクセの解消と意識改革を行うことが大切なのです。

 

そして早いうちから、良いカラダの使い方を身につけられるかどうかが、産後の痛みにつながるか、そうでないかの分かれ道になるのですね。

 

7

 

◆東葉コンディショニングでは妊婦さんにこんな整体施術をしています。

 

でも、妊婦さんでも受けられる骨盤矯正や整体施術ってどんなもの?ちょっと不安……、なんて思っている方も多いかもしれませんね。

 

私たちの整体の特徴は、なんといっても「やさしい」ことです。

 

痛みが出るような施術ではなく、カラダをゆっくりゆらすことで全身のゆがみを整えていきます。

 

詳しくはコチラ↓

施術内容

 

 

お腹の大きい妊婦さんには、特に無理な姿勢はとらせず、一番ラクな姿勢で施術を受けていただきます。

 

また、日常生活や産後の授乳・おむつ替えで気を付けたい姿勢や、妊娠中でもできるストレッチ指導など、整体施術だけでなく「自分で自分のカラダのケアや骨盤矯正をできるようになる」ための指導もしています。

 

そのため、日常生活での様々な不安から解放されるようになるのですね。

 

 

◆整体院が教える、妊婦さんにもオススメの簡単骨盤ケアエクササイズ!

 

それではここで、妊婦さんにもできる簡単骨盤矯正エクササイズをご紹介しましょう。

 

 

【足組みゆらゆら骨盤調整】

 

いかにも「運動!」という動きでなくても、カラダのバランスを整えられます。

 

 

【ワイパー】

 

股関節の歪み改善や股関節周辺の筋肉の緊張緩和に役立ちます。お腹が大きくなった妊婦さんにオススメです。

 

 

どちらのストレッチも痛みのない範囲で、1日に数回分けて行いましょう。

 

※産前産後はとてもデリケートです。特に妊娠中は体調に合わせて絶対に無理をせず、必要に応じてかかりつけ医の指示を仰ぐようにしてください。

 

 

 ◆まとめ

 

出産後の骨盤矯正も大切なものですが、それ以上に妊娠中からの骨盤ケアが安産の心強いお守りになります。

 

妊娠中や出産後の方はもちろん、子育て中のママさんや妊娠を希望する方も、骨盤矯正や痛みのお悩みがありましたら、整体院東葉コンディショニングにご相談ください。

 

皆さんの安産と健康をお祈りしています!

 

Writer

小橋 悟

【資格】
・ 脳と身体の整体療法「QPR法上級認定」
・ ブレイン&ボディバランス研究所  会員
・ NPO法人日本心理カウンセラー協会 会員

子供の頃から母親のカラダの不調を見ていて、 施術家の道を志す。
現在は、月間約400回の施術をしながら、八千代院の院長を務めている。

ここまで磨き上げてきた施術技術・知識に加え、優しい人柄で、来院者さんからの信頼も厚い。
当社が開催するトップランナー整体実践塾やQPR法ベーシック講座、センターラインインソール資格取得セミナーなど、同業の治療家に対しての技術講師も担当している。

その功績を認められ書籍「腰痛解消!神の手を持つ12人 令和元年版」の1人に選ばれる。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事