ツライ!手首、指の腱鞘炎におススメの対処法

 

手首や指の腱鞘炎ってツライですよね。この記事では、手首や指の腱鞘炎になってしまった人に、オススメの対処法をご紹介します。

 

痛い、ツライ、不便な腱鞘炎を一日でも早く改善しましょう!

 

 

◆腱鞘炎の原因は?

私たちが手を動かす時は、指だけではなく、肘から手首の前腕と呼ばれる部分も動かしています。

 

前腕の筋肉の伸び縮み運動を「腱」を使って、指に伝えています。筋肉と腱の関係は筋肉が縮めば腱が伸び、筋肉が伸びると腱は縮むといったように連動しています。

 

この一連の腕から指の動きがスムーズに行われていれば、腱鞘炎になることはありません。次に腱鞘の働きついてみてみましょう。

 

腱鞘は読んで字のごとく、腱の鞘部分です。腱鞘は手首の関節部分と、指の関節部分にあります。指を正しい軌道でスムーズに動かせるように、筒状の形状で腱を包み込んでいます。

 

そのため、スマホやパソコンで指を多く使うほど、腱は腱鞘との摩擦が多くなり、炎症を起こして痛みを発するようになります。この腱と腱鞘の摩擦が腱鞘炎の原因です。

 

 

ひと昔前までは、ピアノを弾いたり、子供の抱っこが原因でなる方が多かった腱鞘炎ですが、最近では、パソコンのキーボード・マウスの使い過ぎ、スマホのやり過ぎが原因で腱鞘炎になる人が増えています。

 

パソコンはキーボードを指で叩いて使用するので、常に腱鞘炎になる危険性があります。スマホの場合は、パソコンとは違い親指を使って文字入力をしますので、親指の付け根が痛む可能性があります。

 

では、指の腱鞘炎では、どのような症状が出るのでしょうか?

 

 

 

◆指の腱鞘炎の種類

手指に起こる腱鞘炎は、大きく分けてバネ指ドゲルバン病という2つがあります。それぞれ、説明しましょう。

 

1.バネ指

バネ指は指を動かした時に、痛みや動かしにくさを感じる腱鞘炎です。

悪化すると、指を伸ばそうとしたときに引っかかりを強く感じ、指の付け根に痛み、腫れ、熱感が出てきます。

 

朝方に症状が強く、日中は使っていると症状が軽減することもあります。さらに悪化すると、指が動かない状態になってしまうこともあります。

 

バネ指になりやすい方の特徴としては、

 

・更年期の女性や妊娠出産期の女性
・パソコンやスマホを長時間使う方
・ミュージシャンや楽器演奏者
・調理など指先を使う仕事をする方

などが挙げられます。

バネ指は、母指(親指)や中指に出やすいと言われています。

 


2.ドゲルバン病

親指を曲げ伸ばしすると痛みを感じる狭窄性腱鞘炎です。

 

これは親指の根元あたりが腫れていて、押すと痛む、親指の曲げ伸ばしをすると強く痛む、親指が思ったように動かせない、といった特徴があります。

 

ドゲルバン病は

・更年期の女性や妊娠出産期の女性
・手を良く使う仕事の方
などに多く見られます。
腱鞘炎については、下の「アイヒホッフ検査」で簡単に判断できます。
1.親指を握るようにしてグーを作る
2.親指側が上になるように、腕を前に伸ばす
3.手首を小指側に曲げる
 このときに、親指の付け根に痛みが出れば、陽性です。病院だと「手術するしかないですね」と言われる方も多いですが、出来たら手術は避けたいですよね。
安心してください。手首でも指でも、腱鞘炎は普段から正しい対処が出来ていれば大丈夫です。
では次に、整体院東葉コンディショニングで行う腱鞘炎を撃退する施術方法の一部をご紹介します。

 


◆腱鞘炎を撃退するための整体施術法

意外に思う方もいるかもしれませんが、東葉コンディショニングには、腱鞘炎で来院される方が結構いらっしゃいます。

 

整体施術では、痛みの出ている手首や指をみる前に、カラダ全体の歪みを整えていき、肩や腕の捻じれを解消していきます。そうすると、それだけで痛みが軽くなります。

 

腰背部の筋肉弛緩、骨盤、背骨調整

 

 

あおむけで骨盤を優しくゆらしながら、腰背部の筋肉の緊張をとっていきます。腰背部から背中全体の筋肉の緊張が解消されると、生理弯曲や骨盤のゆがみも正常になり、背骨一つ一つの動きも改善されます。

 

 

人は普段から腕を内側にねじるように使っています。パソコンやスマホ操作、掃除などで、この状態が長く続くことによって、肩がからだの前に引っ張られ、肩周辺の筋肉を緊張させます。仰向けで腕を支え、肘側を正しい位置に固定し、開くことで腕のねじれを解消していきます。

 

 

手指の関節を固定しながら、優しくけん引し、ひねります。こうすることで、関節の腱や筋肉が動かされ、スムーズに動くようになります。

 

 

腱鞘炎の対策にオススメの対処法

腱鞘炎になったら、手を使わないようにするのが一番の治療と、一般的には言われています。

 

でも、日常生活でも仕事でも、手って必ず使いますよね。ですから、手が痛むとツライだけではなく、とっても不便になります。それに、使わないわけにいかないというのも大きな問題です。

 

手を使った時の負担を減らすことを考えると、サポーターをしたり、湿布を貼るということも思いつきますよね。手首や指に炎症が起こって、ジンジンと痛んでいる時は、一時的にサポーター冷湿布を使うのもよいです。

 

でも、過去に一度でも腱鞘炎になった方なら、これらの対処では一時しのぎで、しばらくすると痛みがひどくなることを知っていますよね。

 

そこでサポーターも湿布も使わずに、腱鞘炎の痛みを和らげたり、予防する方法をお伝えします。

1.肘から先の前腕を外側に向かってねじるストレッチをする

 

 

日常生活やパソコン作業などで、腕は内側にねじって使っています。そうすると、腕が内旋し肩が前に入り、背中が丸まりやすくなります。

 

ストレッチでは、腕を伸ばした状態で、前腕部の筋肉を外側にねじっていきます。そうすることで、腕のねじれが解消され肩から肘、手首までスッキリします。

 

2.手指を開いたり閉じたりしてグーパー運動をする

 

手首を曲げないように注意してください。指をゆっくりと動かすことで手首から指に繋がっている腱を、ストレッチすることが出来ます。

3.指をねじるストレッチをする

 

このストレッチは、特に指の腱鞘炎に有効です。指の一本一本を反対の手で包み込むようにして、ひねってください。指の付け根から指先までつながっている腱をストレッチします。

 

 

いかがでしたか?腱鞘炎になってしまった人も、腱鞘炎予備軍の方も、日頃からストレッチをすると楽になりますよ。実際に試してみてくださいね

 

 

一般的な対処法でよくならなかった方、今、痛みに苦しんでいる方は是非、整体院東葉コンディショニングにご相談ください。

整体院東葉コンディショニングの店舗一覧は、こちらをクリック!

 

 

東葉コンディショニングでは、「痛みと戦うあなたを全力でサポート」を合言葉に、病院や他の治療院に行っても症状が改善しないとお困りの方々と日々向き合っています。独自の整体技術「QPR法」とはクイック・ペイン・リリース法の略で、一般的な筋肉を押したり揉んだりする施術とは違います。優しくカラダをゆらゆら揺らしながら安心感を与え、体の芯からゆるめ歪みやねじれを解消させていくのが特徴的です。安全で効果の高い施術法なので、乳児から高齢者、デリケートな妊婦さんまで、また手術を考えるほどの重症の方も多く来院し違いを実感しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事