卓球選手に多いひじ痛

  

 

卓球と聞いて、皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか?卓球は宿にある遊戯スペースで、温泉に浸かったあとに娯楽の一つとして楽しむものだというイメージがあるかもしれませんね。

 

しかし、卓球の世界選手権などのテレビ中継を、一度でも見たことがある人は、こう言うでしょう。

 

「卓球は、激しいスポーツだ」と。目にも止まらぬ速さで、繰り広げられるピンポン玉の応酬。そんな卓球選手に多い怪我の一つが、「卓球肘」です。

 

今回は、世界の卓球プレイヤーも悩ます卓球肘の原因と、治療法について解説します。

 

 

◆卓球肘とテニス肘の違いとは?

卓球肘は俗称で、正式には、「上腕骨外側上顆炎」(じょうわんこつがいそくじょうかえん)と言います。実は、テニス肘やゴルフ肘で、整形外科を受診しても同じ病名を言われます。

 

最初は運動後だけ痛みが発生します。進行すると、タオルを絞る、ペットボトルの蓋を開ける、といった日常生活の動作でも痛みが出るようになります。この状態から無理を続けると、痛みが悪化し競技どころではなくなります。

 

 

◆卓球肘かどうか自分で確認する方法

卓球肘かどうかを確認するための「トムゼンテスト」をやってみましょう。

 

  • ①痛みの出ている方の手をグーにしてこぶしを作ります。
    ②こぶしを作った腕を真っ直ぐ伸ばします。
    ③反対の手でこぶしを押さえつけ、反らせないように抵抗をかけます。
    ④この時に、肘の外側(上腕骨外側上顆)に痛みが出れば卓球肘です。
テストのやり方がよく分からない方は、手の平を下に向けて伸ばしたり、重い物を持とうとした時に肘の外側に痛みが出るかどうかをみる簡易テストもあります。

 

◆卓球肘の治療法とは?

 

卓球肘の治療は、下記の対症療法が一般的です。

 

・安静にする
・アイシングをする
・サポーターをする
・痛み止めの注射や薬を服用する

 

これらの処置をしていくことで、痛みが緩和されますが、競技を再開すると、再び痛みが出てしまう人も多くいます。
ではなぜ、痛みが再発してしまうのでしょうか?

 

私たちは、オーバーユースの他に体の歪みがひじ痛の原因になっていると考えます。体幹が歪むことで、肩関節の位置がずれ、肘関節、手首の関節も正常な位置ではなくなります。

 

結果として、腰や背中、肩といった、全身運動の連動性が悪くなり、最終的に肘に負担が掛かり痛みが生じます。

 

使いすぎの肘を休ませることも、アイシングで肘周辺の状態を改善させることも、もちろん大事ですが、ひじ痛を根本的に改善させていくためには、体全体の歪みや筋肉の緊張を改善させた上で、ひじの治療をしていく必要があるのです。

 

 

◆卓球肘に対する東葉コンディショニングの整体施術の考え方

東葉コンディショニングには、卓球肘で来院される方がたくさんいらっしゃいます。整体施術では、痛みの出ている肘を診る前に、カラダ全体の歪みを整えていき、肩や腕の捻じれを解消していきます。

 

そうすると、それだけでも肘の痛みが軽くなる方が多いのです。それだけ、体幹部や肩・腕全体が肘に影響をしていることがわかります。

それでは、実際の施術例をご紹介します。

 

腰背部の筋肉弛緩、骨盤、背骨調整

 

 

あおむけで骨盤を優しくゆらしながら、腰背部の筋肉の緊張をとっていきます。腰背部から背中全体の筋肉の緊張が解消されると、生理弯曲や骨盤のゆがみも正常になり、背骨一つ一つの動きも改善されます。

 

このように体幹部分を整えることで、肩関節の位置を正常化するための土台作りをします。

 

側臥位胸郭調整

 

 

 

胸郭がゆがんでいると、猫背などの姿勢不良を招き、肩甲骨や肩関節の動きを制限します。横向きになり、腕を上げることによって、胸を開きます。この姿勢で、肋骨付近に手を触れて優しく揺らします。

 

こうすることで固まった肋骨の間の筋肉を弛緩させ、胸椎(脊柱の一部)、胸骨、肋骨からなる胸部を整えます。胸郭の動きが悪いと、肩関節の動きが制限され、肘関節、手首の関節の位置にずれを生じるようになります。

 

肩から肘に掛けての動きを正常化するのに、大変重要な部分です。

 

 

卓球はピンポン玉に対して、手首を返したり、ひねったりする動きが多く、肘の関節と手首の関節が内側にねじれやすいスポーツです。

 

卓球の練習などで、この状態が長く続くことによって、肩がからだの前に引っ張られ、肩周辺の筋肉を緊張させます。仰向けで腕を支え、肘側を正しい位置に固定し、開くことで腕のねじれを解消し、ひじの痛みが出ないようにしていきます。

 

 

症状や原因、当院の施術の考え方、エクササイズなどについてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

卓球選手のひじ痛を完治させるためには、ひじ痛になるプロセスを理解することが大切です。そこを理解していないと、一時的に症状が回復しても、根本的な原因が改善されたとはいえず、ひじ痛に悩まされ続ける可能性があります。

 

ひじ痛でお悩みなら、是非一度、整体院東葉コンディショニングにご相談下さい。

 

整体院東葉コンディショニングの店舗一覧は、こちらをクリック!

 

東葉コンディショニングでは、「痛みと戦うあなたを全力でサポート」を合言葉に、病院や他の治療院に行っても症状が改善しないとお困りの方々と日々向き合っています。独自の整体技術「QPR法」とはクイック・ペイン・リリース法の略で、一般的な筋肉を押したり揉んだりする施術とは違います。優しくカラダをゆらゆら揺らしながら安心感を与え、体の芯からゆるめ歪みやねじれを解消させていくのが特徴的です。安全で効果の高い施術法なので、乳児から高齢者、デリケートな妊婦さんまで、また手術を考えるほどの重症の方も多く来院し違いを実感しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事