「冷え」や「むくみ」と体の歪みの関係とは

「冷えは万病の元」という言葉を、聞いたことはありませんか?

 

多くの女性が悩む冷えやむくみは、痛みやシビレのように、日常生活や仕事に支障が出るほどの不調ではないことから、不快だけれどなんとなくそのままになっているという方が、少なくありません。

 

でも実は、健康に過ごすために冷えを解消することは、とても重要なことなのです。

ここでは、冷えがカラダに与える影響を考えてみましょう。

 

 

◆体温ってどんなもの?

体温とは、体の新陳代謝によってつくられた熱のことをいいます。

これは、心臓で作り出された血液が送り出されるときに、大動脈を流れる温度です。

 

人の身体は36.5℃前後に保たれており、中でも日本人の体温の平熱は、平均36.5~37.1℃です。

 

人の身体が、もっとも活発に活動できる体温は36℃前後と言われ、1日の中では約1℃の上昇、下降の変化があります。

体温が上昇すれば、汗をかいて熱を発散させ体温を下げようとし、体温が下がると筋肉を使い体温を上げようとします。

 

平熱が35℃台、もしくはそれ以下の状態は「低体温」と呼ばれ、身体の持つ体温調節をする機能が正常に働かなくなっている可能性が高くなります。

次に挙げる項目に当てはまるものはありませんか?

 

チェックしてみましょう。

 

①冷たいものをよく摂る

②無理なダイエット

③偏食などによる栄養不足

④ストレスが溜まっている

⑤運動不足

 

こうしたことから体温が低下すると、血行が悪くなり、身体の免疫力が低下してしまいます。

免疫細胞は体温が低下するとその機能を発揮できず、風邪やアレルギーなどの症状を引き起こしやすい状態になってしまいます。

 

また、低体温により新陳代謝が低下してしまうため脂肪が燃焼しにくくなり、太りやすくなってしまいます。

 

最近では、低体温とがんの関連性も注目されています。

 

ガン細胞は、体温が35℃台の時に最も活発になると言われています。

酸素を必要としない「嫌気性代謝」という方法でエネルギーを得ているので、酸素の少ない場所や温度の低い環境で活発に増殖することが分かっています。

 

がん細胞は、胃や大腸、乳房などの冷えやすい部位で増殖し易く、体の中でも温度が高い心臓はガンが発生しづらいとも言われています。

さらに、先ほども書いた通り低体温で免疫力が落ちることで、よりガン等の病気にかかりやすくなってしまいます。

 

体温が1℃上がるだけでも、免疫力は5~6倍になります。

そのため、ふだんから極力身体を冷やさないよう心がけることが大事です。

 

基礎体温を上げることは、ガンをはじめとする病気になりにくい身体を保つことに繋がるのです

 

 

◆冷え性が女性に多い理由とは?

カラダの冷えの中でも、手足が冷たくなる、いわゆる「冷え性」を発症している人の、約7割~8割強が女性という結果が出ています。女性に冷え性が多い理由は、主に二つ挙げられます。

 

一つ目は月経です。血液に含まれる赤血球は、体のエネルギー源である酸素を運ぶ役割をしていますが、生理中は血液の量が一時的に減るため、赤血球の量も減少します。

すると、体内に運ばれる酸素が不足し、熱の発生も減少してしまいます。

 

女性の体内にある卵巣や子宮は、特に血液が滞りやすい上に、生理が重なることで、さらに冷え性が起こりやすくなると言われているのです。

 

二つ目の理由は、筋肉量です。女性は男性よりも筋肉が少なく、脂肪が多いことがあげられます。

筋肉には、体の熱を作り出すという大切な役割があります。

筋肉が生み出す熱によって、温められた血液が全身をめぐり、体温を保っています。

 

つまり、筋肉が動くことで熱がつくられ、体が温まります。

しかし、女性は男性に比べてもともと筋肉量が少なく、筋肉がつきにくい構造になっているため、男性よりも冷えやすいのです。

 

また、男性にくらべて女性は、妊娠、出産のための保護の役目を果たすように、体に脂肪が多くあります。しかし、脂肪は一度冷えてしまうと元の温かさに戻りにくい性質があります。

 

この脂肪が、冷え性の原因になってしまうこともあります。

 

 

◆冷え性やむくみが起こるのは、カラダの歪みが関係している!

寒い冬場はもちろんの事、夏でもクーラーや冷たいものの飲食で、一年中カラダが冷えやすい現代社会では「冷え」は大敵です。

 

手足が冷たい、足がむくむ、体温が低い……などの症状は、緊急性に欠けるため、「仕方ないよね」とそのままにされがちです。

けれども「そのまま」ではやはりツライので、多くの方は冷えやむくみの解消のために、血行を良くしようと考えます。

 

靴下の重ね履きや腹巻の使用、カラダを温める食材を摂る、お風呂に入ったりストレッチをする……など、工夫は様々です。

 

しかし、そんな工夫や努力を重ねても「冷えがすっかり良くなったの~!」という話はあまり耳にしません。

 

一般的に「冷え性・むくみ」=「血行不良」という構図が思い浮かびますが、実は原因はそれだけではないのです。

私たちは、冷えやむくみは「カラダの歪み」が大きな原因だと考えます。

 

たとえば、庭の水撒きをする時に、ホースが捻じれてしまうと水は止まってしまいますよね。

は血管でも同じことが言えるのです。

 

骨盤がゆがんだり、O脚のように関節がねじれた状態では、当然体内の血液やリンパ液などの体液の巡りは悪くなり、滞る部分が冷えやむくみになってしまうのです。

 

カラダの歪みが原因で冷えているのであれば、いくらお風呂や腹巻で「温度」を上げようと頑張っても、なかなか改善は難しいでしょう。

こうした場合は、根本原因であるカラダの歪みを整えることが、一番の解決方法になります。

 

骨盤を整える、膝や足部の関節をしっかり動かせるようにすることで、血液やリンパ液などの体液が全身にスムーズに流れるようになり、手足がポカポカ、むくみもスッキリしてくるのです。

 

 

◆カラダの歪みを整えて、冷えやむくみを解消!

それでは、カラダの冷えやむくみの解消・予防に繋がるストレッチをご紹介しましょう。

 

・足組ゆらゆら骨盤矯正

 

椅子に座ってできる骨盤矯正ストレッチです。デスクワーク中にも10秒程度でサッと骨盤が整います。

 

・足首回しエクササイズ!

 

足のむくみやふくらはぎの疲労緩和に効果的です。

 

・下腿外旋矯正エクササイズ

 

下腿の歪み調整や足のつり、むくみ予防に効果的です。

こちらも椅子に座ったままできます。

 

~注意点~

*痛みのない範囲で!

痛いことはなるべくしない方が、早い症状回復が見込めます。普段から痛い姿勢や動作は避けるようにしましょう。我慢してやる必要はありません。

 

*適度な回数で!

たくさんやればやるほど、良くなる訳ではありません。1回やって、次に行うまでは30分以上あけ、1日数回に分けてやる方が効果的です。

 

 

 

いかがでしたか。

カラダが冷える、足がむくむなどの症状は、大きな病気に繋がる可能性もあります。

冷えやむくみでお困りの方は、整体院東葉コンディショニングに是非ご相談ください。

 

整体院東葉コンディショニングの店舗一覧は、こちらをクリック!

 

 

 

 

 

東葉コンディショニングでは、「痛みと戦うあなたを全力でサポート」を合言葉に、病院や他の治療院に行っても症状が改善しないとお困りの方々と日々向き合っています。独自の整体技術「QPR法」とはクイック・ペイン・リリース法の略で、一般的な筋肉を押したり揉んだりする施術とは違います。優しくカラダをゆらゆら揺らしながら安心感を与え、体の芯からゆるめ歪みやねじれを解消させていくのが特徴的です。安全で効果の高い施術法なので、乳児から高齢者、デリケートな妊婦さんまで、また手術を考えるほどの重症の方も多く来院し違いを実感しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加