腰痛と床の座り方の関係は!?【腰痛対策・改善】

ふとした時に腰が痛くなったり、きっかけもなく腰痛が起きることは少なくありません。この場合は、日頃の姿勢が大きく関係しているケースが多いです。

 

その中で、今回着目していくのは「床の座り方」です。

普段何気なくしている座り方によっては、骨格を歪ませ、腰に大きな負担をかけているかもしれません。

どのような座り方が、腰痛の原因となるのかご紹介していきます。皆さんもご自身やご家族の座り方をチェックしてみましょう。

 

【目次】

 

 

◆腰痛の原因になる床の座り方とは?

腰痛を引き起こす座り方は、「骨盤を歪ませる」という特徴があります。

骨盤が歪むことで、その上にある背骨(腰椎)も歪み、腰痛を引き起こしてしまうからです。

 

※腰痛と骨盤の歪みの関係について詳しくはコチラ↓

骨盤矯正で腰痛改善!

 

そして、その歪みを招いてしまう良くない座り方が「女の子座り」と「横座り」です。

 

・女の子座り

正座の姿勢からお尻を着いて、両足を身体の外側に投げ出す座り方です。

 

この座り方は、上半身の体重を骨盤で支えるため、大きな負担がかかります。それだけでなく、股関節や膝関節のねじれも生じてしまい、腰痛だけでなくO脚や股関節痛、膝痛の原因にもなります。

 

 

 

・横座り

横座りは、正座の姿勢から左右どちらか一方向に両脚を出す座り方です。重心が片方向にかかるため、骨盤がその方向へ捻れてしまいます。左右どちらかに重心がかかるため、股関節もその方向へ歪んでしまいます。こちらも腰痛やO脚の原因にもなります。

 

 

こうした姿勢をとり続けるということは、一部の筋肉や骨だけが身体を支えて、姿勢を維持している状態になります。 つまり、身体の一部に対して通常よりも大きな負荷をかけてしまっているのです。

 

さらに、立っているときよりも座っているときの方が、腰への負担が大きいという事実があります。

これは、立っているときは脚の筋肉や腹筋、背筋などで身体を支えていますが、座ると腹筋が弛んでしまうため、その分の負担を骨が支えることになるからです。

 

普段意識することはありませんが、人間は立ったり座ったりしている時の姿勢のほとんどを、腹筋の力によって支えています。

 

ところが、身体の重心が真ん中からずれている時は、腹筋が使われていません。

女の子座りや横座りのように重心がずれた姿勢で座っていると、全身を骨盤や周りの筋肉で支える状態になるので、腰に大きな負担をかけてしまいます。

 

その結果、骨盤や背骨に歪みが生じ、腰痛を引き起こしたり、腰痛を悪化させてしまうのです。

 

 

◆女性は骨盤が歪みやすい!?

 

実は、男性よりも女性の方が骨盤の歪みが起きやすいのですが、これは女の子座りや横座りをするのが女性に多いから、というだけではありません。

 

女性の骨盤は、妊娠・出産が出来るように、大きく緩みやすくなっています。また、男性と比べると、脂肪が多く筋肉が少ないため、骨盤を安定させる力が弱く、歪みやすくなります。

 

 

 

ついつい女の子座りや横座りをしてしまう場合は、すでに骨盤やその上にある背骨に歪みがあるため、崩した座り方をしなければバランスをとることができなくなっている可能性があります。

 

こうした座り方を続けると、将来的に腰痛を引き起こしかねません。腰痛を予防・改善するためには、全身を整えることが大切です。

 

また、あくまでも女性の方が歪みやすいというだけで、もちろん男性の骨盤も歪みますので、性別に関係なく骨盤矯正は必要です。

 

 

◆骨盤を整える簡単ストレッチ

それでは、ご自宅でできる簡単ストレッチを紹介します。

まずは、骨盤の状態をチェックしましょう。

 

イスに浅く腰かけ、かかとを揃えます。両膝の前に軽く指をあてて、上からのぞくように見てみましょう。

 

 

どちらかの足が前後にずれていませんか?これが骨盤の歪みです。

この歪みを整える簡単ストレッチをご紹介します。

 

<足組ゆらゆら体操>

 

<骨盤コロコロ>

 

ストレッチ後は、再度歪みチェックを行い、整えられているか確認しましょう。

 

腰をかけられるところがあれば、簡単にできるストレッチです。習慣的に行い、腰痛対策・改善をしていきましょう。

 

 

◆腰痛対策・改善できる床の座り方

床に座るときは椅子に座るときと同様に、骨盤を立てる姿勢が1番腰への負担が少ない座り方といえます。

 

腰痛を予防する座り方について詳しくはコチラ↓

https://toyoconditioning.com/blog/youtsu-yobou-suwarikata/

 

正座も腰に負担のかかりにくい座り方ですが、写真のように足首を内側に曲げる癖があると足首の歪みが生じやすいので、あぐらや体育座りの方がオススメです。

 

 

しかし、どのような座り方でも、長時間同じ姿勢を保ち続けるのは難しいので、姿勢を変えたり、動いたりした方が筋肉の緊張も防げます。

 

また、腰痛がある方は、クッションやタオルをお尻の下に入れることで、骨盤を立てたまま安定させやすくなります。是非、体に無理を掛けずに、姿勢良く座れるように取り組んでみてください。

 

 

ここまで腰痛と床の座り方について、記してきました。

 

普段の何気ない姿勢、昔から当たり前の様にしていた姿勢が、腰痛の引き金になりかねません。もちろん、腰痛に限らず様々な身体の不調の原因にもなります。

 

座り方やストレッチなど、小さなことですがこの積み重ねが将来の腰痛リスクを減らすことができるので、身近なことから、小さなことから改善していきましょう。

 

 

 

Writer

小橋 悟

【資格】
・ 脳と身体の整体療法「QPR法上級認定」
・ ブレイン&ボディバランス研究所  会員
・ NPO法人日本心理カウンセラー協会 会員

子供の頃から母親のカラダの不調を見ていて、 施術家の道を志す。
現在は、月間約400回の施術をしながら、八千代院の院長を務めている。

ここまで磨き上げてきた施術技術・知識に加え、優しい人柄で、来院者さんからの信頼も厚い。

当社が開催するトップランナー整体実践塾やQPR法ベーシック講座、センターラインインソール資格取得セミナーなど、同業の治療家に対しての技術講師も担当している。

その功績を認められ書籍「腰痛解消!神の手を持つ12人 令和元年版」の1人に選ばれる。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事