筋肉の張りが腰痛を引き起こしている?

みなさん、腰痛のときに「筋肉が張っているな」と感じたことはないでしょうか。

 

筋肉の張りは、日常生活の姿勢やスポーツなどで疲労が蓄積されていくことが原因で起こります。

どのような姿勢、動作が筋肉の疲労の蓄積、張りにつながっているのでしょうか?

 

今回は、筋肉の張りとその原因、腰痛予防方法について説明していきます。

 

【目次】

 

 

◆腰の筋肉が張っている!身体はどんな状態?

 

身体の痛みの原因である筋肉の張りとは、どのような状態のことでしょうか?

 

私たちが感じる「筋肉の張り」とは、主に、筋肉が伸ばされ続けることで、ストレスが蓄積して可動域制限やだるさを感じることを言います。

 

腰の筋肉の張りを感じやすい方のほとんどは、背骨のS字が失われて猫背のように背中が丸くなっています。

 

背骨には生理弯曲という緩やかなS字のカーブがあり、人間の身体のバランスを支えたり、日常生活に適した姿勢を保つために役立っています。

 

 

しかし、長時間のデスクワークや前かがみの姿勢などが続くと、背中から腰にかけての筋肉が引き伸ばされ、背骨のS字のカーブが崩れて失われ、背骨で身体を支えることができなくなります。

 

このような状態が続くと、腰の筋肉に疲れが溜まりやすくなり、痛みを起こしやすくなるのです。

 

◆筋肉の張りによる腰痛の原因とは

なぜ、筋肉の張りによる腰痛は起こるのでしょうか?

 

みなさんは、日常でどのような姿勢を取っていることが多いですか?

仕事中に立ちっぱなしや座りっぱなしといった同じ姿勢を取ることは多くみられると思います。

 

しかし、立ちっぱなし、座りっぱなしなどの同じ姿勢を続けると、筋肉の緊張状態が強くなり、疲労が溜まったり、張りを起こしやすくしたりします。

 

たとえば、長時間のデスクワークなどで座りっぱなしでいると、図のような姿勢になりませんか?

 

 

こうした腰を後ろに倒して背中を丸くする姿勢を長時間続けていると、腰や背中、お尻の筋肉に張りを起こします。

 

同じ姿勢が続くような場合は、1時間おきに姿勢を変えたり、ストレッチなど体を動かすなどの工夫をして、筋肉の負担を最小限に抑えるようにしていきましょう。

 

また、前かがみの姿勢は、荷物を運んだり、ものを拾ったり、顔を洗ったりなど日常生活の中で頻繁に行う動作です。

荷物を持ち上げる時の身体の使い方を例えると、図のように膝を伸ばし、腰だけを曲げていませんか?

 

 

この姿勢では、腰の力だけで荷物を持ち上げることになります。

その上、背中が丸くなり、腰の筋肉も伸び切った状態になるので、腰のカーブが失われていくのです。

 

そこで、気を付けたいのは普段からの正しい姿勢です。

 

・片足に重心をかけた立ち方

・足を組んで座る姿勢

・猫背の姿勢

 

このような偏った姿勢に心当たりがが多い方は、慢性的な痛みを抱えやすくなります。

 

筋肉は、伸びたり縮んだりすることで身体を動かし、バランスを取っています。

歪んだ姿勢を長時間取り続けていると、こうした動きによりバランスをとる事が難しくなり、張りを起こしやすくします。

 

同時に身体の歪みの原因にもなりますので、筋肉の張りを予防するためには、姿勢を歪ませないよう工夫することが必要です。

 

また、スポーツによる激しい動作も筋肉の張りの原因の一つです。

 

走ったり、飛んだり、捻ったりなど様々な動作を行いますので、あらゆる筋肉を駆使します。

 

これらの動作時に、正常な筋肉は弛緩・収縮をスムーズにできますが、筋肉に疲労が蓄積していくと、硬くなって弛緩・収縮しにくい状態になり、大きな負担をかけることになります。

 

そのため、筋肉の張りや痛みを引き起こさないためには、スポーツ前後のストレッチや身体のケアを行うことが重要です。

 

◆正しい姿勢を身に着け、腰痛を予防しよう!

 

筋肉の張りによる腰痛を予防するためには、日常生活から姿勢を変えていく必要があります。

 

歪んだ姿勢だと全身のバランスが崩れ、筋肉を動かしづらくなるため、疲労が蓄積されやすくなります。

さらに、長時間負担を掛け続けることで、張りや腰痛を引き起こしやすくなります。

 

筋肉の張りを起こさないようにするためには、正しい姿勢を身につけて、筋肉を正しく使えるようにし、安定して動かせる身体を作ることが重要です。

 

正しい立ち方、座り方をご紹介しますので、こちらを見て正しい姿勢を身につけましょう!

 

 

 

◆腰痛予防簡単ストレッチ

 

筋肉の張りによる腰痛を起こさないためには、ストレッチをして体のケアを充分に行い、筋肉の緊張状態を緩和させていくことが重要です。

 

また、日常生活が影響して起こる身体の歪みも調整して、筋肉のバランスを正常にして、必要以上に体に負担が掛からないようにすることが大切です。

 

今回は、身体の歪みを簡単に整えられ、筋肉の緊張を緩和することが出来るストレッチをご紹介します。

 

寝る前、お風呂上がりなどタイミングを決めると、ストレッチを日課として行やすくなります。毎日の生活に身体のケアを取り入れていきましょう!

 

・足組ゆらゆら骨盤調整

https://youtu.be/azsOYFtiVik

 

座った状態で骨盤の歪みを調整することが出来ます。

骨盤の歪みを整えることで、偏って負担が掛かっていた筋肉の緊張が緩和され、腰痛予防になりますし、腰部の可動域改善の効果があります。

 

・骨盤コロコロストレッチ

https://youtu.be/qWPd3bibKpY

 

骨盤を転がすように前後に動かし、骨盤の可動・歪み調整を行います。

骨盤周りの菌に気の緊張を緩和、股関節の可動域を改善し、腰との動きの連動向上の効果があります。

 

・シムス位エクササイズ

https://youtu.be/AavwWCLnapM

 

うつ伏せで骨盤、背骨の歪み調整を行います。

骨盤調整しながら、腰背部、股関節の筋肉の緊張を和らげることができ、可動域を改善させる効果があります。

 

間違ったやり方をしてしまうと、逆に身体の歪みを起こしてしまいます。

動画を見て確認しながら行うようにしましょう。

 

◆まとめ

筋肉の張りは、スポーツなどの激しい動作の時にだけ起こるものではありません。

普段の日常生活の姿勢、動作が原因で筋肉の張りを感じたり、腰痛を引き起こします。

 

筋肉の張りや腰痛を起こさないようにするためには、普段から筋肉へ負担を掛けないように意識することが重要です。

正しい姿勢を意識することはもちろん、日頃からストレッチを行って身体をほぐすなどして、腰痛予防を心がけましょう。

 

 

Writer

小橋 悟

【資格】
・ 脳と身体の整体療法「QPR法上級認定」
・ ブレイン&ボディバランス研究所  会員
・ NPO法人日本心理カウンセラー協会 会員

子供の頃から母親のカラダの不調を見ていて、 施術家の道を志す。
現在は、月間約400回の施術をしながら、八千代院の院長を務めている。

ここまで磨き上げてきた施術技術・知識に加え、優しい人柄で、来院者さんからの信頼も厚い。
当社が開催するトップランナー整体実践塾やQPR法ベーシック講座、センターラインインソール資格取得セミナーなど、同業の治療家に対しての技術講師も担当している。

その功績を認められ書籍「腰痛解消!神の手を持つ12人 令和元年版」の1人に選ばれる。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事