整体師オススメ!スマホ疲れによる肩こり解消ストレッチ!

 

インターネットが普及した近年では、年々スマホの所有率も上がり、使用する方が増えています。

 

インターネット調査のニールセンによると、2016年6月の国内のスマホユーザー数は6,000万人。使用時間は1日平均2.5時間と、年々長くなっていることが分かります。

 

こうしたスマホ利用率の上昇に比例して、増えている痛みの症状が、「肩こり」です。

 

今回は、なぜスマホの使い過ぎが肩こりの原因となるのかの説明と「肩こり解消整体ストレッチ」を紹介します。

 

 

 

【目次】

 

 

 

◆肩こりの原因は、スマホの使い過ぎが原因?

なぜ、スマホの使い過ぎが肩こりを引き起こしてしまうのでしょうか?それは、スマホを使用する時の姿勢にあります。

 

普段の生活で、どんな時にスマホを利用していますか?

 

電車での移動や寝る前など、手の空いた時間にゲームや情報チェックをしている方は、多いのではないかと思います。その時、スマホの画面に集中しすぎて、下記の図のような姿勢になっていることはありませんか?

 

 

実は、こうした姿勢は肩こりを引き起こす原因となっているのです。

首は本来S字にカーブしていることで、頭の重さを分散する構造になっています。

 

 

図:左は正常な状態、右はスマホ首(ストレートネック)

しかし、長時間スマホの画面をのぞき込むような姿勢が続くと、頭の重さを首だけで支えることになり、首の付け根に負荷が集中してしまいます。

 

肩~首~後頭部にかけて筋肉が緊張し、こり固まってしまうと首本来のS字カーブが失われ、ストレートネックと言われる状態に頸椎が歪んでしまうのです。

 

最近では、スマホの使いすぎが原因で首のカーブが失われることも増えたため、ストレートネックを「スマホ首」と呼ぶこともあります。

 

スマホ首になると、慢性的に首や肩周りの筋肉が緊張した状態が続くため、疲れやすくなり、肩こりを引き起こしてしまうのです。

 

 

◆整体師オススメ!「肩こり解消整体ストレッチ」

スマホの使い過ぎによる

それではここで、スマホ首(ストレートネック)による肩こりの緩和・解消に効果的な整体ストレッチをご紹介します。

 

・骨盤・背骨の歪み調整 シムス位エクササイズ

このストレッチでは、カラダの土台となる背骨・骨盤を整えます。
うつ伏せで腕を広げる姿勢で行うので、肩こりの予防・解消だけでなく、猫背の矯正にも効果があります。

 

動画はこちらから↓

 

 ・背骨調整 キャット&ドッグ

このエクササイズは、背骨の1つ1つの動きを出し、歪みを調整します。

背中が丸くなった状態が続くと、筋肉も固くなりやすく、姿勢は歪んでしまうため、背骨の動きを取り戻し、正しい姿勢を保てるようにします。

 

動画はこちらから↓

・四つんばい肩甲骨はがし

このストレッチでは、肩甲骨の柔軟性を出し、可動域を改善させます。
肩甲骨が正しい位置に戻り、筋肉の緊張が緩和されると肩こり解消が期待出来ます。

 

動画はこちらから↓

 

 

・首の調整 チン・イン

このストレッチは、首筋を伸ばし、首周りの緊張を緩和させ、首のカーブをつくります。
肩こりの原因となるスマホ首の矯正や痛みの緩和に効果があります。

 

動画はこちらから↓

 

・腕の疲労回復に! 前腕ゆらゆらストレッチ

うつむいて手元をのぞき込むようにスマホを使用していると、肩や腕が内側にねじれ、腕周りにも疲れが溜まってきます。

こうした筋肉の疲労やねじれも、肩こりの原因となりますので、解消しなければなりません。

このストレッチは、筋肉の緊張を緩め、腕のねじれを正しい状態に調整します。

 

動画はこちらから↓

 

 

【YouTube動画更新中!】

自宅で出来るエクササイズや健康情報をより多くの方に届けられるように動画で発信しています。

新しい動画もどんどん更新していますので高評価・チャンネル登録をよろしくお願いいたします!

 

 

普段の生活に取り入れやすいストレッチや食事などを紹介します。

今すぐカラダを変えたい方にオススメのチャンネルです!

 

スポーツやファスティング、ダイエットなど、

健康に過ごすためのヒントが盛りだくさんのチャンネルです!

 

◆整体ストレッチ以外に自宅でできる肩こり解消法

スマホの使い過ぎによる肩こりの緩和・解消に効果的なのは、ご紹介した整体ストレッチだけではありません。

毎日ゆっくりお風呂に入り、体を温めて筋肉の緊張を和らげ、血流改善に努めることも大切です。

 

お湯の温度は季節によって変わりますが、じんわり汗をかく程度(39~41℃)を目安として、10~20分前後湯船につかると良いでしょう。カラダの芯まで温まりますので、血流促進に効果的です。

 

また、普段から姿勢に気を付ける必要があります。

 

スマホ首や肩こりの主な原因は、画面をのぞき込む前かがみ姿勢です。首から肩にかけての筋肉に負担が集中する姿勢にならないように意識することは、肩こりの予防になります。

 

その上で正しい姿勢を身につければ、より筋肉の疲労が起こりにくくなります。

正しい姿勢は、こちらの動画をご覧ください。

 

〈正しい立ち方〉
〈正しい座り方〉

 

 

◆まとめ

スマホ使用による肩こりの予防・解消には、正しい姿勢を意識することが重要です。

無理のない範囲で、ご紹介したストレッチを習慣化できると、疲れも溜まりにくくなります。

 

なかなか肩こりが解消されない、長年悩んでいるという方は、ぜひ一度整体院東葉コンディショニングにご相談ください!

 

Writer

小橋 悟

【資格】
・ 脳と身体の整体療法「QPR法上級認定」
・ ブレイン&ボディバランス研究所  会員
・ NPO法人日本心理カウンセラー協会 会員

子供の頃から母親のカラダの不調を見ていて、 施術家の道を志す。
現在は、月間約400回の施術をしながら、八千代院の院長を務めている。

ここまで磨き上げてきた施術技術・知識に加え、優しい人柄で、来院者さんからの信頼も厚い。

当社が開催するトップランナー整体実践塾やQPR法ベーシック講座、センターラインインソール資格取得セミナーなど、同業の治療家に対しての技術講師も担当している。

その功績を認められ書籍「腰痛解消!神の手を持つ12人 令和元年版」の1人に選ばれる。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事