股関節痛の方にオススメのストレッチ

 

股関節が痛いと歩くのも大変ですよね。「時々痛むけれど、すぐに気にならなくなるから大丈夫」と放っておくと、生活に支障が出るほど悪化することも……。

 

しかし、早めに何とかしようと考えて病院へ行っても、「異常なし」では治療もなく対処法もよくわからず……。結局もんだり、シップを貼ったりなど、その場しのぎの対応になっていませんか?

 

今回は、整体師が教える、簡単にできる股関節ストレッチをご紹介していきます。

 

「股関節の痛みをどうにかしたい」という方は必見です!

 

 

【目次】

 

 

 

◆股関節痛は股関節だけが原因じゃない!?

股関節は、骨盤と大腿骨(ふとももの骨)の継ぎ目にあたり、寛骨臼(骨盤側のおわん状のくぼみ)に、大腿骨頭(大腿骨先端の球状の部分)がはまり込んで形成されています。

 

 

大腿骨頭は球状であるため、前後左右斜めと、色々な方向に動かすことがでますが、身体の歪みなどの影響から、はまり方に不具合があると、鼠径部や臀部、足の付け根の横などに痛みが出ることがあります。

 

そのため、「股関節が痛いから、股関節を調整すれば治るだろう」という考えでは、一時的な改善にしかなりません。

 

股関節痛の原因は、股関節周りの筋肉が固くなるケースや姿勢の悪さで股関節に大きな負担がかかって痛みが生じるケースなど様々です。

 

ですから、股関節に痛みがある場合は、股関節にかかる負荷を考慮し、体全体のバランス、腰椎・骨盤の位置など、他の部位との関連に注意する必要があります。

 

股関節は、体重支持や運動時などに関与する大変重要な関節です。

 

だからこそ、原因をしっかり追究し、何故筋肉が固くなっているのか、姿勢が悪くなってしまうのかなど、体全体の根本的な歪みや原因を解決しなければならないのです。

 

更に詳しくはコチラをご覧ください↓

 

 

◆悪化すると手術?「変形性股関節症」とは

股関節に負担がかかり続けると、「変形性股関節症」になる場合があります。

 

上記で紹介した寛骨臼や大腿骨頭は、いずれも関節軟骨という弾力性のある組織に覆われています。

 

これは、関節の動きを滑らかにしたり、重力による股関節にかかる負荷を受け止めるクッションのような役割を持っています。

 

変形性股関節症は、この関節軟骨が徐々に削れていき、ついには骨自体が変形してしまう症状のことをいいます。

 

末期にもなると、歩行が困難になるなど日常生活にかなりの支障が出てきます。こうなると、手術で人工股関節にしなければならないケースも少なくありません。

 

 

変形性股関節症について詳しくはコチラをご覧ください↓

整体院東葉コンディショニングには、変形性股関節症と診断された方も来院されますが、体の歪みを整え、筋肉の状態を改善することで、痛みが改善・解消される方もいらっしゃいます。

 

 

◆股関節痛の方におすすめストレッチ

股関節痛がひどくなり、歩行困難になったり、手術をするなんて嫌ですよね。

 

そんなリスクを少しでも減らすために、ご自宅で簡単にできる股関節痛の方にオススメのストレッチをご紹介します。

整体に行く時間がなくても、「セルフ整体」で予防・改善に繋げましょう。

 

まずは、股関節痛の原因にもなる体の歪み解消ストレッチです。

 

1.シムス位ストレッチ

<効果>

・骨盤、背骨の歪み矯正

・首、肩周り、腰背部の緊張緩和

・股関節、肩甲骨の柔軟性・可動域改善

 

  • ①うつ伏せになり、足は膝から曲げます。 両手を広げて胸を床に着けます。

 

 

※無理なく、痛みのない範囲で膝を曲げましょう。顔は曲げた足のほうに向けるか、顎を床に着けてまっすぐ下に向けます。

 

  • ②膝を床に着けたまま、床にこすりつけるように曲げた足を左右に10 回程度動かします。反対側も同様に行います。

 

 

 

膝を曲げるほどストレッチの強度が強くなるので、自分で楽に気持ちよくできる範囲で調整してください。

 

 

 

2.骨盤コロコロストレッチ

<効果>

・骨盤の歪み調整

・股関節の可動域改善

・腰、股関節の連動向上

 

  • ①椅子に浅く腰掛け、両手を腰に当てます。

 

 

  • ②肩をなるべく動かさないように、骨盤を前後にコロコロと20回程度倒します。

 

 

骨盤の歪みを整えながら、腰周りや股関節周りの筋肉を緩めることができます。適度に座れるところがあればできますので、自宅に限らずストレッチしましょう。

 

 

3.足の重みで骨盤伸ばし

<効果>

・臀部~骨盤周辺の筋肉の緊張緩和

・股関節の歪み、ねじれ矯正

 

  • ①仰向けで両膝を立て、片足をもう一方の足の膝に乗せます。

 

 

  • ②乗せた足の重みで、骨盤の外側をゆっくりジワーっと伸ばします。

 

 

  • 伸ばしたところで、軽く10回程度揺らします。反対も同様に行います。

 

※ストレッチは痛みのない範囲で行いましょう。

 

 

日常的にストレッチができると、効果も上乗せされていきます。ただ量をこなせば良いというものではありませんので、1日に2~3回程度行えると良いでしょう。

 

 

◆ストレッチ以外にもできること

股関節痛を引き起こす原因は、意外と皆さんの生活背景に隠れていることがあります。

 

そのため、整体院東葉コンディショニングでは生活面でも様々なアドバイスをしています。

今回は、そのいくつかをご紹介します。

 

入浴

お風呂上りに汗をかくのが嫌だ、面倒くさい、忙しくて時間がないなど、シャワーで済ませていませんか?

ゆっくりお風呂に浸かることで体が温まり血流改善され、筋肉の固さを和らげることができます。

 

さらに、入浴後に上記のストレッチができると良いですね。

 

睡眠

ほぼ1日中負担がかかっている股関節を休ませるためには、十分な睡眠をとることが必要です。

 

疲労回復のためにも、7時間以上の睡眠、0時前の就寝を心がけましょう。

 

 

姿勢

足を組む、女の子座り、横座りのように、どちらかに重心が偏った座り方をしていませんか?

 

数回程度では大きな影響はありませんが、長時間同じ姿勢や昔からの癖がある方は要注意です。

 

座り方についてはこちらの記事をご参考ください。

腰痛と床の座り方の関係は!?【腰痛対策・改善】

 

 

◆まとめ

 

整体院東葉コンディショニングには、股関節痛でお困りの方がたくさん来院されます。

 

中には、病院へ行っても異常がないと言われ、放置しているうちに痛みが強くなってしまったという方も少なくありません。

 

また、股関節をかばっているうちに腰痛も併発してしまったという方も……。

関連記事はコチラ

腰痛も引き起こす臀部の痛みは整体で解決!

 

痛みは体のSOSサイン。痛みが弱かったり、時々しか出ないとしても、「痛みが生じる」ということは、それだけ股関節に負担がかかっている状態だと言えます。

 

体の不調は、病気と同じように早めの対処が、早期回復の近道です。サインを見逃さずに、痛みが出ることに疑問を持ちましょう。

 

股関節痛でお困りの方はぜひ一度、整体院東葉コンディショニングにご相談ください。

 

Writer

小橋 悟

【資格】
・ 脳と身体の整体療法「QPR法上級認定」
・ ブレイン&ボディバランス研究所  会員
・ NPO法人日本心理カウンセラー協会 会員

子供の頃から母親のカラダの不調を見ていて、 施術家の道を志す。
現在は、月間約400回の施術をしながら、八千代院の院長を務めている。

ここまで磨き上げてきた施術技術・知識に加え、優しい人柄で、来院者さんからの信頼も厚い。

当社が開催するトップランナー整体実践塾やQPR法ベーシック講座、センターラインインソール資格取得セミナーなど、同業の治療家に対しての技術講師も担当している。

その功績を認められ書籍「腰痛解消!神の手を持つ12人 令和元年版」の1人に選ばれる。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事