野球選手のバットスイングによる手首のケガとセルフケア方法

 

 

野球では、打つ、投げる、捕るなどの基本動作の中で、手首を非常に多く使うため手首を痛める選手が多いです。

今回はその中でもバットスイング時になぜ、手首が痛くなるのかについて書いていきます。

 

こちらのYou Tube動画で、野球選手のケガ問題と解消方法について、わかりやすく説明してあります。

ぜひご覧ください!

 

目次

◆バットスイングで手首が痛くなる理由

 ・手首の腱鞘炎

 ・TFCC損傷

 ・有鈎骨骨折

 

◆手首の痛みの予防・改善(ストレッチ動画付き)

 

◆バットスイングで手首が痛くる理由

バットスイングで手首が痛くなる理由として、大きく3つのことが考えられます。

1つ目が手首の腱鞘炎です。

野球選手の腱鞘炎は、バットスイング等、日々の反復練習による筋肉の使いすぎにより、回復が追いつかずに筋肉や腱に痛みが出る、オーバーユース(使いすぎ)で起こることがほとんどです。

徐々に痛みが進行していくので、最初は我慢して練習してしまっていることが多く、その結果、骨折や肉離れなど症状が重くなり、復帰までに時間がかかってしまう選手も多くいます。

痛みが出たときは、無理せず練習を控えるようにしましょう。

 

腱鞘炎の詳しい内容はこちらから!

整体で腱鞘炎の痛みを解消!

整体で腱鞘炎の痛みを解消!

 

 

 

 

 

Writer

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事