赤ちゃんの抱っこで手首が痛い時の対処法って?

赤ちゃんが生まれると、ママは毎日休みなく抱っこをするようになります。

慣れない抱っこで、カラダはガチガチ……。産後の肩こりや腰痛はよく聞きますが、同じように注意したいのが「手首の痛み」です。

 

なぜ、手首がこんなに痛くなるのか、どうしたら早く良くなるのか。

痛みを出さないようにするには、どうしたらよいのかを考えてみましょう。

 

 

 

◆抱っこすると痛い手首は「腱鞘炎」!?

腱鞘炎(けんしょうえん)とは、腱の周囲を覆う腱鞘の炎症です。

特定の原因は不明ですが、産後の手首の痛みであれば、主に慣れない抱っこやおむつ替えなどでの、指や手首などの反復継続的な使用による疲労が考えられます。

 

産まれたての赤ちゃんは、横抱っこで赤ちゃんの頭をママの肘に乗せても、手のひらにおしりが届かない程の小ささです。

そのため、ママは肩と手首を精一杯曲げ、丸まった姿勢での授乳や抱っこを強いられます。

 

また、おむつ替えも大敵です。

片手でお尻を持ち上げますが、慣れないうちは手首から先だけを使いがちなため、どうしても過度に力が入ってしまい、結果痛みにつながりやすいのですね。

 

いわゆる「使い過ぎ」「無理な使い方」というヤツです。

 

◆初めて育児をするママさんに腱鞘炎が起こりやすい理由

産後に手首の痛みを訴えるのは、どうやら第一子のママさんが多いようです。

 

これは、初めての赤ちゃんをどう扱ってよいのかわからず、全身緊張した状態で抱っこやお世話をするため、上記のような使い過ぎや、無理な使い方をしてしまうからです。

 

更に「余計な緊張」が加わってしまうことも大きな理由の一つです。

 

赤ちゃんを大事に扱っているからこそ起こる緊張ですが、そのためにママがカラダを壊してしまうのでは困りますね。

 

◆痛い時の手首の状態って?

使い過ぎや使い方に問題があるために出た痛みですが、ではその時、カラダはどのような状態なのでしょうか?

 

先程、生まれたての赤ちゃんは、抱っこするには小さすぎると、お伝えしました。

その時の抱っこ姿勢は、首から腰までの「背骨」を丸め、肩は内側に巻いている、いわゆる「猫背」です。

 

 

この姿勢、パッと見てわかりやすいのは「背中」と「肩」の部分ですが、もっと見ると、肩甲骨は外側・前方側へ向けて、肩に引っ張られています。そのため、腕が内側にねじれたところに、更に手首を曲げ、そこに赤ちゃんの重みがかかると考えれば、手首にどのくらいの負担がかかっているか、想像がつくのではないでしょうか。

 

ですから、抱っこをする時には、「手首」だけではなくて「カラダ全体」を、どう使うかを考えなければなりません。

 

◆手首に痛みを出さずに抱っこする方法は?

では、具体的にはどんな姿勢で、どのようにすればよいのでしょうか?ポイントになるのは「手の向き」です。

 

皆さん、バッグなどを腕にかけるように持った経験はあると思います。

この時、手のひらを上に向ける方が多くいらっしゃいますが(写真1)、この場合、荷物の重さを「力こぶ」と呼ばれる上腕二頭筋で支えるために、肩が前に引っ張られてしまうので、腕や肩に大きな負担が掛かります。

 

赤ちゃんを抱っこする場合は、こうした状態で更に手首を使うため、手首に痛みが出る可能性が高まるのです。

ところが、写真2のように手のひらを下に向けると、肩甲骨の角度が変わるため、肩が前に引っ張られることはなく、力こぶに無理な負荷がかからずに済むのです。

 

(写真1)

 

(写真2)

 

新生児の横抱っこに、これを応用してみましょう。

 

   赤ちゃんを抱っこしている側の、手のひらを下に向けます。この時、手のひらは手首からでなく、肘から動かすようにすると、肩甲骨の角度が変わるのが、分かりやすくなります。

 

  反対の手を赤ちゃんに添えるようにし、危なくないようにします。

 

 

慣れてきたら、その姿勢(肩甲骨の角度)をキープしたまま「手首から手のひらだけを上向きに戻す」ようにすると、更に抱っこが安定します。

※こちらは、手首を過度に曲げなくて済むくらい、赤ちゃんが大きくなってから試してくださいね。

 

たったこれだけですが、これができるようになると、腕力勝負のパワー抱っこと猫背の両方を、自然に避けられるようになります。

 

ここでは、例として両手を使った新生児の横抱っこを挙げましたが、1歳・2歳の縦抱っこでも同様です。

 

この方法だと「力こぶ」の筋肉をガッツリ使う事を避けられるので、手首の痛みが出づらいだけでなく、腕の疲れ具合も違います。

 

◆それでも抱っこすると手首が痛い場合は……?整体施術例ご紹介

抱っこをする時の腕や手の使い方を変えても、やっぱり痛みが出てしまう……。

そんなママさんへの、整体院東葉コンディショニングでの施術の一例をご紹介します。

 

骨盤調整シムス位

 

うつぶせで脚を開いた状態にし、骨盤をゆっくり揺らしていきます。

左右同じようにおこなうことで、骨盤のゆがみが整えられていきます。

 

この手法で、骨盤のゆがみを整え背骨の動きを改善し、さらに腰背部の筋肉の緊張をとっていきます。

 

胸郭ゆがみ調整

 

胸郭のゆがみは、胸郭の上に乗る頸部から頭部のバランス不良を招いたり、肩甲骨や肩関節、腰部や股関節の動きを制限します。

うつぶせになり、肋骨付近に手を触れて優しく揺らします。

こうすることで胸椎(脊柱の一部)、胸骨、肋骨からなる胸部を整えます。

 

東葉コンディショニングでは、胸郭のゆがみが症状にどう影響しているかを診て、ゆがみを治し可動の正常化を図ります。

胸郭とは、胸椎(脊柱の一部)、胸骨、肋骨からなる胸部の骨格のことをいい、骨盤とともに体幹部を構成しています。

 

家に例えると胸郭は屋根、骨盤は土台、その間にある脊柱が大黒柱に当たります。

胸郭である屋根が歪むと、大黒柱である脊椎も歪み、過度な負担になります。

 

この胸郭のゆがみを解消し背骨全体への過剰な負担がかからないようにしていくことは、手首の症状を改善させていく上で重要になります。

 

側臥位肩甲骨調整

 

肩甲骨は胸郭の上に張り付いている構造をしています。横向きになることで肩甲骨を支えている筋肉に力が入りにくくなります。

この姿勢で、肩甲骨を優しく揺らし、肩関節や肩甲骨周辺の筋肉を弛めていきます。

 

・手部調整

 

手首の動きを出すために、腕や指から調整していきます。

腕の捻じれを戻してから手根骨と呼ばれる手首に近い部分の詰まりを解消し、動きを出します。
指の捻じれを整えながら、腕全体の緊張を取るように振動を与え、手首の正常な動きを取り戻します。

 

◆抱っこによる腕の疲労解消ストレッチのご紹介

ここで、抱っこによる前腕から手首、指の疲労を解消するストレッチをご紹介しましょう。

 

【前腕ゆらゆらストレッチ】

手首に繋がる腕の捻じれの矯正に効果的です。

 

【手首ローテーション、指ねじり】

手首や指の疲労回復だけでなく、腱鞘炎やバネ指、肩こりの緩和や予防にも役立ちます。

 

【四つんばい前腕ストレッチ】


肘・手首の捻じれを矯正し、前腕や手首の疲労を回復します。

 

~注意点~

*痛みのない範囲で!

痛いことはなるべくしない方が、早い症状回復が見込めます。普段から痛い姿勢や動作は避けるようにしましょう。我慢してやる必要はありません。

 

*適度な回数で!

たくさんやればやるほど、良くなる訳ではありません。1回やって、次に行うまでは30分以上あけ、1日数回に分けてやる方が効果的です。

 

 

いかがでしたか?慣れない赤ちゃんのお世話をする時に、手首に痛みがあると、精神的にも不安になってしまいます。

手首の痛みを解消して、しっかりお子さんを抱っこしてあげてくださいね。

 

手首の痛みやバネ指などでお困りの方は、整体院東葉コンディショニングに是非ご相談ください。

 

整体院東葉コンディショニングの店舗一覧は、こちらをクリック!

 

 

手首を動かすとポキポキ音が鳴る?!その音の正体とは・・・?

産前産後に腰痛が出るのは当たり前と思っていませんか?

東葉コンディショニングでは、「痛みと戦うあなたを全力でサポート」を合言葉に、病院や他の治療院に行っても症状が改善しないとお困りの方々と日々向き合っています。独自の整体技術「QPR法」とはクイック・ペイン・リリース法の略で、一般的な筋肉を押したり揉んだりする施術とは違います。優しくカラダをゆらゆら揺らしながら安心感を与え、体の芯からゆるめ歪みやねじれを解消させていくのが特徴的です。安全で効果の高い施術法なので、乳児から高齢者、デリケートな妊婦さんまで、また手術を考えるほどの重症の方も多く来院し違いを実感しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事